CATEGORY

みんなの葬儀体験談

ふとした瞬間に亡くなった父を思い出す・・・悲しみを抱えて我々は生きている-愛別離苦

大切な人を亡くしたあなたに・・・   人は自らの意思とはかけ離れた力によってこの世に生み出され、そしてまた去っていかねばならない。   本来きた場所に帰るのだから、何も心配はいらないのだが、そうは言っても八十年。逝く者と残される者・・・様々な縁やしがらみが両者を縛る。  

仏教?神道?キリスト教?当家の宗旨(宗教・宗派)って何だっけ?

突然ですが、あなたは自分の家の宗教や宗派が何だか分かりますか? とあるご遺族から「父が亡くなった」と連絡が入る。 病院にご遺体を引き取りに行き、故人の長男と一緒にご自宅まで搬送する。 打ち合わせは自宅についてからするつもりだが、自宅まで20分くらいはかかる。確認でできるところは軽く確認しておこう。 真っ先にすることは菩提寺の確認から。菩提寺が存在する場合、葬儀においてある意味最も重要なのは菩提寺の […]

ひ孫から曾祖母への心温まる贈り物~命のバトンの物語~

斎場を元気に走り回る故人の孫やひ孫を見るに付け、脈々と受け継がれる命のバトンというものを頭に思い浮かべずにはいられません。   そんな役目を終えて命の源へと帰られる人生の先輩へ、バトンを受け取った次世代の担い手からの心温まる贈り物。   火葬のみの【直葬】が増加傾向にある中、葬儀をやることの意味についても併せてお考え下さい。  

香典泥棒に合わないための対策とは?葬式泥棒・忌中(喪中)被害

伯母が亡くなっ時の話です。 私は弔問客に対しての記帳案内、香典の受け取りを担当していたのですが、その香典をひとまとめにして親戚に預けたのです。 その香典の入った紙袋を親戚が目を離した隙に、何者かにすべて盗まれてしまいました。唯でさえ、悲しみに打ちひしがれていた、親戚一同に襲った追い討ちは忘れもしません。 悲しむもの、怒るもの。感情が入り乱れ、幼いながらも、お金の恐ろしさを再認識した瞬間でもありまし […]

愛別離苦-幼い頃に経験した母親の葬儀が今尚心に深い影を落とす・・・

このサイトを訪れてくださった全ての皆様が、大切な人を亡くした経験がお有りでしょう。   愛別離苦・・・愛するものと別れる苦しみ   大切な人との別れは、常に身を引き裂かれるほど辛いもの。   しかし、お世辞にも天寿を全うしたとは言えない年齢で逝かれた故人を見送る遺族には、ことさら大きな痛みが付きまとうものです。  

あなたは棺が複数並べられた葬儀に参列したことがありますか?(家族合同葬)

人生には映画かドラマの中と見間違うほど、悲惨な最期を迎えられた方の葬儀に当たることがあります。     会社員をしている男性です。入社当時から仲の良かった親友を火事で亡くしました。   家族思いの男で、ローンを組んで3階建ての一軒家を購入し、子供と妻の3人で暮らしていました。   しかし、その家が火事になってしまい一家3人が亡くなってしまったのです。その話を聞いた時、彼とは3日前に話をしたばかりだ […]

あなたはどんな場所でどの様な最期の時を迎えたいですか?

特別は求めない!でもせめて人並みに畳の上で死にたい・・・   誰しもそんな思いを抱いたことの一度や二度はあるはずですが、だからと言ってまさか自分が人並みの死に方が出来ないかも・・・   そんなふうに本気で思っている人間も殆どいないでしょう。  

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG