仏教?神道?キリスト教?当家の宗旨(宗教・宗派)って何だっけ?

【とんでもない遺族の話】

突然ですが、あなたは自分の家の宗教や宗派が何だか分かりますか?

とあるご遺族から「父が亡くなった」と連絡が入る。

病院にご遺体を引き取りに行き、故人の長男と一緒にご自宅まで搬送する。

打ち合わせは自宅についてからするつもりだが、自宅まで20分くらいはかかる。確認でできるところは軽く確認しておこう。

真っ先にすることは菩提寺の確認から。菩提寺が存在する場合、葬儀においてある意味最も重要なのは菩提寺の都合だからだ。

 
「田中さん(仮名)のところは、菩提寺さんとかってありますか?」
若い喪主男性
喪主
「菩提寺は無いんですよ。本家の墓は関西にあるんですが、我々はこっちに出てきて結構前に霊園買っちゃったんで」
 
「聖職者を呼ばない無宗教葬っていうのもありますが、何かお考えはありますか?」
若い喪主男性
喪主
「いや~やっぱりお経的なものはやって欲しいですね~」
 
「なるほど。じゃあ田中さんの家の宗旨さえ教えてくれれば、聖職者はこちらで手配しましょうか?」
若い喪主男性
喪主
「そうしてもらえると助かるんだけど、確かうち、神道だったと思うんですよね・・・」

何と!!!

神道ときましたか・・・

神葬祭(神道の葬儀)なんて年に数える程しかやらないから、見積りの出し方すら危うい!

大体この神葬祭ってやつは、ちょーど忘れた頃にやってくるんだよねー!!!

ぶつくさ言ってもShowがないから、過去の記憶を絞り出しながら何とか対応。

そうこうしているうちに・・・

プルルルルル(長男の携帯)


若い喪主男性
喪主
もし、叔父さん?いま、葬儀屋さんが来て打ち合わせしてる。そうそう・・・ところで、神主さんは田舎から呼ぶんじゃ大変だから、葬儀屋さんに手配してもらうおうかと。確か神道だよね?え?仏教???
若い喪主男性
喪主
「御免なさい。神道は本家筋の方で、四男で家を出た祖父が仏教に変えちゃったみたいです。祖父母もだいぶ前に亡くなりましたし、私も全く興味がないもので・・・ハハハ・・・」

ええ加減にせー!!!

 
「ちなみにご宗派はお分かりになりますか?」
若い喪主男性
喪主
「ですよね・・・ちょっと待ってくださいね。」

もう一度叔父さんに電話。

若い喪主男性
喪主
「あ、叔父さん?宗派はどこかだって?え?あぁ、分かった」
若い喪主男性
喪主
「浄土宗か浄土真宗みたいです」

どっちやねん!?

浄土宗と浄土真宗じゃあ、

おすぎとピーコぐらい違うわ!

会葬者
喪主の妻
「でも、パパ・・・私昔お義父さんから曹洞宗とかなんとかって聞いた気がするんだけど・・・」

ええ加減にせー!!!

ちなみに何人かに連絡した結果、浄土真宗が正解でした。

 
「浄土真宗も大谷派(東)とか本願寺派(西)とかありまして、ちなみに何派だか分かりませんよね?」
若い喪主男性
喪主
「いやいや、そんなの私が知るわけ無いじゃないですか~アハハハハ」

ワロうとる場合かー!!!

アハハじゃないよ、アハハじゃ・・・

(´▽`*)アハハ

西と東じゃあ、ザ・タッチの達也と和也くらい違うわ!

あれっ?違いが分からない!???

まぁ、そんなもんですよね・・・

最後に皆様からの投稿をひとつご紹介。

私の父の葬儀は、無宗教で行いました。

僧侶も呼ばず読経もない代わりに、父の好きだった音楽をかけ、祭壇の前に父の愛用していた眼鏡や時計、パスケースなどの小物を置きました。

旅行の時の写真や孫と写った写真など、父の写真を集めて作ったアルバムを何冊も用意して、それを見ながら思い出話しをして故人を偲びました。

親戚に聞くと、うちは曹洞宗らしいのですが、私たちは日ごろ宗派など意識したこともありませんでしたし、参列された親戚も無宗教で葬儀したことに、特に文句を言う人もいませんでした。

郷里を離れて都会に出て、実家の宗教宗派など気にしない日常に慣れてしまうと、自分の家が何宗だったかなど、葬儀や法事があって僧侶が来なければ分からない人は相当多いのではないかと思います。

僧侶が来ても何宗かなのかわからないかもしれません。

新年は神社仏閣に初詣をして、節分で豆まきをして暫くするとバレンタイン、秋になればハロウィン、そのすぐ後に七五三、月がかわれば町の景色はクリスマス。

そんな国の国民には、宗教とはイベントのひとつになってしまったのかもしれませんね。

まとめ

仏教界がその地位にアグラをかいて、宗教活動をおろそかにしてきた怠慢は、限りなく重い罪だったと思い知らされますね・・・

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG