究極の遺影写真!?‐遺影の準備はお早めに!

とんでもない遺族の話

もう5‐6年前の話。

故人は大正生まれ。喪主を務める奥様はご健在だが、なにぶんかなりのご高齢でいらっしゃる。施設に入るのが嫌だと、夫婦で自宅住まいを続けていた。

満足にお見舞いにも行けなかったからと、奥様のたっての希望で、ご遺体は自宅にお戻りになった。

自宅安置も終わり、打ち合わせへと入る。

ひと段落したところで、喪主のひとり娘は葬儀の準備があるからと、一旦自宅に帰って行った。

奥様と私、サブのスタッフ3人で遺影の選定作業に取り掛かる。

なにぶんお年がお年だ。耳も遠けりゃ、脳の活動も停滞気味だ。

円滑なコミュニケーションは期待できない。

 
「お飾りするお写真はどれになさいますか?」
老婆2
喪主
「え?写真?あたしゃ、いいよ。写真撮られるの好きじゃないから」

あんたじゃ無いよ。ご主人だよ・・・

大体何の記念撮影だよ。

葬儀の成約記念にハイチーズ!

無いよ!そんなサービス!

老婆2
喪主
「あー、遺影写真のね」

かがんだ腰に手をやりながら、奥の部屋に消えて行き、しばらくタンスをガサゴソやっている。

少しして年季の入った木箱をひとつ手にして、戻ってくる。

(ヤベェやつだ。)

この年代の人がタンスの引き出しから引っ張り出してくる小汚い箱は、大抵いろんな意味で【ブラック】な写真だ。

老婆2
喪主
「これ、太平洋戦争時代の写真」

そこには白黒でピンポケした写真が並ぶ。

時代的にも色的にも、遺影の利用価値的にも完全にブラック!

スリーアウト!チェーンジ!

 
「この手のお写真はダメなんですよ。ご遺影サイズに引き伸ばしてしまうとボケてしまうので・・・」

再び箱をガサゴソ・・・

老婆2
喪主
「じゃあ、これは?」

先ほどと変わらず、似たり寄ったりの写真だ・・・

 
「この類のお写真は、ご遺影としては使えないんですよ。もっと鮮明なお写真はございませんか?」
老婆2
喪主
「困ったね~。写真と言ってもこれといって無いのよね~」

ふと居間のテレビ台の上に飾られた集合写真が目に入る。

 
(ちょっと古くて画像が荒いが、何とかイケるかも)

私の視線に気づいたのか、奥様が口を開く。

老婆2
喪主
「それは使えるかい?」

こいつは助かった!

古いものなので、額に引っ付いて取り出すのに苦労したが、写真を傷つけないように細心の注意を払いながら、何とか写真のみ取り出してテーブルの上に置く。森林の中で撮ったラフな格好の写真なので、背景とお召し物はチェンジした方が良さそうだ。

 
「奥様、ご主人様はこちらの男性ですか?」
老婆2
喪主
「あー、似てるんだけど、それ主人の弟なのよ」
 
「ではどちらの方ですか?」
老婆2
喪主
「ここには写ってないのよ。なんせ写真撮ったのが本人だから」

返せー!俺の時間を返せー!!!

老婆2
喪主
「弟じゃだめかね?昔からよーく似てるって言われてたから、誰も分かりゃしないと思うんだけど・・・」

ダメ!!!!!

老婆2
喪主
「困ったね~。どうしようも無ければ、写真無しでいくしか・・・あっ、そうだ!あれが使えるかも!」

そう言うと奥の部屋に消えて行く。

戻ってきた手には、デジカメが握られていた。

良いのがあるじゃないか!

老婆2
喪主
「娘が買ってくれたんだけど、イマイチ使い方がわからないもんだから、しまいっぱなしでねぇ~」
 
「そうでしかた。でも良かったですね。スナップよりスマホとかデジカメとかで撮ったデータの方が綺麗なのが出来ますよ!」

すると奥様、

老婆2
喪主
「遺影に使う写真ってのは、生きてる時の写真じゃなきゃダメって決まりはないんだろ?」

はっ???(゚ロ゚屮)屮

老婆2
喪主
「本人ここに居るんだし。この場で撮っちまえば良いんだろ?」

ちょっと何ってるんだか分からないですけど!

老婆2
喪主
「これをこうやって・・・あ~、ダメだ。こうかね~?」

啞然とする私たちを尻目に、ああでもない、こうでもないと言いながら、パシャ。

老婆2
喪主
「やっぱりまずいかね~?」

気づいていただけました?

老婆2
喪主
「やっぱり目が閉じてるってのはまずいかねぇ?」

いや、そういう問題じゃねーし!!!

老婆2
喪主
「こうやって開いたらダメかね~?」

デジカメを持っていない方の手で、故人様のまぶたをグリッ!

老婆2
喪主
「あ~、私の手が入っちゃうんだよね~。離すとすぐ閉じちゃうし」
老婆2
喪主
「ちょっと、そこのあなた手伝って」

反射的に首をブンブン横に振るサブスタッフ。

老婆2
喪主
「あ~もうイライラする!この人は生きてる時から、私の言うことなんて聞く耳持たずで。死んだ後まで無視を決め込んじゃって!少しで良いから、目をバチっと開けなさいよ!ほらっ!」

無料ゲー!(T◇T )

念のためデジカメも確認しましたが、部屋の中で試し撮りしたと思われる、意味不明のブレブレ写真しか入っておらず・・・

ご遺体の写真は諦めて?、必死に三人で探した結果、障害者手帳を作る際に撮った証明写真が一枚見つかりました。

お陰で何とか事なきを得ましたが、ある程度のお歳になったら遺影写真の一枚くらい用意しておこうね!って思ったとんでもない遺族の話。

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG