生活保護の方は福祉葬(民生葬)をご利用いただけますが・・・

とんでもない遺族の話

生活保護受給者が絡む葬儀の場合、葬儀代金は葬祭扶助制度を利用して行政が負担します。

日本国憲法に謳われるいる、最低保証の一環で、これを福祉葬(民生葬)と言います。

  1. 対象者が生活保護を受けており、葬儀を行える近親者がいないか、いても葬儀を行える金銭的余裕がない。
  2. 対象者にも資産がなく、また葬儀を行う近親者も生活保護を受けており、金銭的余裕がない

金額は自治体により若干の幅は有りますが、おおむね20万円前後までと決まっています。

金額的に火葬式(直葬)しか出来ず、原則お坊さんを呼んだり、食事をしたりすることは出来ませんが、搬送や安置に関する一切と、棺、骨壺、火葬料といった火葬に必要な最低限のサービスは全て含まれているため、ご遺族の金銭的負担は基本的にありません。

(例 東京23区は最高206,000円までなので、各葬儀社が自社プラン等を参考に、~206,000円までの金額を役所に請求する)

それでは本題。

ご依頼いたただいたのは、23区にお住まいだった、生活保護受給者の方の葬儀。

駆け付けた他県に住む娘さん夫婦も金銭的余裕がないとのことで、福祉課の担当と話をして、葬儀は福祉葬で執り行うことに。

故人宅で申込書を書いてもらったその足で、役所の福祉課に出向く予定にしていた。

本来、福祉課には葬儀社だけが出向いて必要な手続きを進めるのだが、ここ数年は疎遠だったこともあり、晩年の親の様子を聞きたいと、娘さんも一緒に福祉課に出向くことに。

役所の福祉課担当者当社
担当者
「基本的に葬儀代は規定金額以内で役所が全額負担します。23区の場合(最高)206,000円までと決まっていますが、ただし後から確認させていただいて、もし本人に所持金があった場合は、そちらのお金は葬儀代に充当させていただきます。その辺りって今はわかりませんよね?」

遺族に尋ねる福祉課担当職員。

生活保護葬儀の喪主
娘さん
「あっ、所持金有ります!」
役所の福祉課担当者当社
担当者
「あっ、そうなんですね?」
生活保護葬儀の喪主
娘さん
「ここに来る前に(故人の)部屋を整理してきたんですが、貴重品は整理して持ってきたんで、ここの財布にあるのが全財産ですが・・・」

チャリ~ン

福祉葬

役所の福祉課担当者当社
担当者
( ̄□||||!!
 
「( ̄□||||!!」

ジュ、ジュウイチエン!?

今どきの小学生のほうがよっぽど金持ーとるわい!!!

処理が面倒くさいことになるだけだし、もうええやろ?所持金無しで。

役所の福祉課担当者当社
担当者
「う~ん・・・」

天を仰いで考え込む福祉担当者。

役所の福祉課担当者当社
担当者
「み・・・見なかったことにします・・・」

ナイス!ジャッジ!

 
「た・・・助かります・・・」
役所の福祉課担当者当社
担当者
「否!!!」
役所の福祉課担当者当社
担当者
「やはり仮にも私は役所の人間です!知ってしまった以上、見過ごすわけにはいきません!葬儀屋さん、大変申し訳ありませんが・・・」

真面目か!?

そりゃ、真面目だよね・・・公務員だもの・・・( ̄□||||

 
「か・・・畏まりました。それでは11円を火葬当日ご遺族から頂戴し、(最高)205,989円までの葬儀代金を区役所に請求します・・・」
役所の福祉課担当者当社
担当者
「ほんとにすいません・・・見なかっことに出来れば良かったんですが・・・」
 
「だ、大丈夫です・・・」
生活保護葬儀の喪主
喪主
「私し何か余計なことしちゃったかしら・・・」
 
「いえ、大丈夫ですよ・・・それでは佐藤さん(仮名)、当日11円をお持ちください。領収証を準備しておきます」
生活保護葬儀の喪主
娘さん
「いえ・・・領収書なんて要りませんよ。手間取らせちゃうだけですし・・・」
 
「否!!!お金を受け取って領収書をお渡ししない訳にはいきませんから・・・」
生活保護葬儀の喪主
娘さん
「完全に余計なことでしたね・・・」
 
「いえ、誰も悪くありませんよ・・・誰も・・・」

ホント、だーれも悪くありません。

むしろ正しいことをしているのに、何故かみんながちょっとずつ傷ついてるのは何故でしょう???

地味に事務処理がひとつ増えたし・・・

でも、まぁ本音は『そもそも10円程度なら、別に馬鹿正直に言わなくてもいいんじゃね???』

って正直、思ったとんでもない遺族の話。

ちょっとだけね。

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG