「ご本尊様」寺にとっては命!!!

【とんでもない坊さんの話】

怒涛のような葬儀ラッシュが終わってようやく一息。あまりの忙しさに出入りの業者さんから

男性
業者
「次は色即是空さんの(葬儀の)番ですね笑」

なんて、祭壇を指さされながら、およそ笑えないブラックジョークをぶちかまされる始末・・・

 
「あはははははははは・・・」

乾いた笑を残しつつ、斎場の最終チェックをしていると、ご導師の控室に小汚い紙袋を発見!

(おいおい。ゴミとか捨てていくなよ!)

って思いながら、紙袋の口を開いてみると・・・

「NO-!!!」

三つ折り本尊

「ご本尊」じゃねーか!!!

説明しよう!

「本尊」とは・・・その寺の本堂のさらに中心のにおわす仏様のこと。勿論寺で一番偉い!

奈良の大仏

(東大寺の本尊・奈良の大仏 毘盧遮那仏)

まぁどうしてもって言うなら、葬儀の斎場まで担いできても構わないけど、大抵腰やっちゃうから、どこの坊さんも持って来ない。(当たり前か笑)

なもんで、通常は最初の写真みたいに、30㎝~50㎝くらいの三つ折りか、掛け軸タイプの簡易版を持ってくる訳ですよ。

でも便宜上は本堂にあるリアル御本尊と全く同じ扱い。

何度も言いますが寺で一番偉い!

あろうことかそんな代物を忘れていきやがった・・・

仕方がないから、ソッコーで住職に電話。

地方から来た住職ですが、帰る前に喪主さんの家に寄るって言ってたから、今から車をかっ飛ばせばまだ間に合う!

 
「住職!本尊をお忘れになられてます」
がめつい住職
住職
「そうなんだよ!私としたことがうっかり・・・今から斎場に取りに戻りますから、待っていてください」
 
「いえ、私が御喪家に届けに行きますよ」
がめつい住職
住職
「いえ、30分くらいで取りに行きます!」

御喪家は会社の近くなんで、届けたらすぐに会社帰れるから有り難いんだけど・・・

まぁでも住職が頑なに言うんで、斎場で待つことに。

30分後住職到着。

無事に本尊回収。

ほっとひと安心しながら、

 
「ご喪家の家まで届けに行きましたのに・・・」

と言うと住職が一言。

がめつい住職
住職
「いやいや!お気持ちは有り難いが、お寺のですから、むやみに人に触らせてはダメなんですよ!!!」

だったら忘れんな!!!!!!

今度から首から紐付けて、ぶら下げて来い!

って説教のひとつも、かましてやりまくなったとんでもない住職の話。

万が一にも遺族とかに知られるのが嫌だったんだろうね・・・

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG