故人様の正体は未来の猫型ロボット!?

【とんでもない司会者の話】

厳粛な葬儀の場において失敗は許されない。

故にプロの司会を手配して、進行をお願いする葬儀社も多い。

でも司会も人間だし、なかなか全て完ぺきとはいかないものだ。

今日の葬儀でお願いしたプロの司会。

会式前に故人のプロフィールを紹介する場面で、しくじった。

司会
司会
「故人様は平成45年にお生まれになられ・・・」

って、おいおい!今日の仏様は、未来から来た

猫型ロボットか!?

式前の遺族との打ち合わせで、何聞いてきたのか知らんけど、

「故人はタイムマシーンに乗ってやって来た未来人」とか言われたんなら、先に教えといてくれないと、急に本番で仰天ニュースぶっ込まれても、びっくりしちゃうじゃん!!!

閉式後に喪主様(故人の妻)が一言。

喪主(焦り)
喪主
「うちの主人は昭和45年生まれです」

だろうね!だって四次元ポケット付いてなかったし!

「ドラえもん~ん!ジャイアンがとんでもないハッタリかますんだ!みんなの記憶を消す道具を出してよ~!!!」

「大丈夫だよ、のび太く~ん!」

トゥトゥトゥト~ン!

「アルコホール!!!」

「大人なんてこいつをシコタマ飲ませてしまえば、大抵の事は忘れてしまう愚かな生き物なんだよ!フフフフフフフフ~♪」

素晴らしー!!!

愚かな大人の皆様!今日の事はアルコールをシコタマ飲んで

全部忘れてくださいm(__)m!

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG