読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

余命わずかと宣告された高校生-仲間(同級生)にどうしても伝えたかったこと...

【スポンサーリンク】

あなたは突然医者から「余命わずか」と伝えられたらどうしますか?

生きることの有り難さ、素晴らしさを、わずか18年しか生きていない、海外の高校生から教えられた。

 

余命わずかと宣告された高校生-仲間(同級生)にどうしても伝えたかったこと...

 

「生きている限り人生から逃げ出せすことはできません。だから、与えられた機会に感謝し、それを大切にして勇敢に生きて下さい」

 

このメッセージを同級生に伝えるため、ジェイク・ベイリー君(18歳)は医師の反対を振り切って、入院中の病院を後にした。

 

ジェイク君は、ニュージーランドクライストチャーチ男子高校で生徒会長にあたるシニア・モニターを務めている。彼は11月4日に、3年生たちを対象にした授賞式でスピーチをする予定だった。

 

しかしその1週間前に、進行性ガンの一種であるバーキットリンパ腫と診断された。

 

医師たちは、治療を受けなければ余命は数週間であり、スピーチは到底無理だと伝えた。しかし授賞式の欠席は、ジェイク君には受け入れられないことだった。 彼は医師の忠告に反し、車椅子に乗って授賞式に出席した。

 

それだけではない。クラスメートや友人と協力してスピーチを準備し、壇上に立ったのだ。

 

「精神的に強い人間になるというのは、諦める方が簡単な時に諦めないこと、安易な道がある時にそれを選ばないことです」

 

そして今を生きることの大切さを伝えた。

 

「未来は僕たちの手の中にあるのです。遠い将来に目標を定めて生きるのではなく、今できる目標に向かって情熱を傾けましょう。大きな野心より小さな野心を持ちましょう。目の前にあることに、誇りを持って取り組もう。それがどういう形になるのか、いつ形になるかはわかりません」

 

スピーチの後会場はスタンディングオベーションに包まれ、クラスメートたちが、ジェイク君を讃えるためにニュージーランドの先住民「マオリ族」の民族舞踊ハカを踊りだした。ジェイク君は、両目に涙を浮かべながら、口を動かして「ありがとう」と伝えた。 

 

今を楽しもう!そして、命は大切に!

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

 

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo