自殺(自死)を考えているあたなへ~名も無き女性の死を想う~

2015年4月。散りゆく桜と運命を共にするかの様に、ひとつの命の灯火が静かに消えた・・・ 慌ただしく斎場の生花の飾りつけをしていた出入りの花屋さんが、最後の生花を飾り終わり、こちらに軽く頭を下げながら、部屋を後にする。 僕は斎場の最後尾の椅子に腰を下ろし、会釈を返しながら、彼らが外に出るのを待った。 (pho…