読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

幽霊が見えたら葬儀屋辞めます!-夏の怪談-

【スポンサーリンク】

とんでもない遺族の話

 

数年前のまだ僕が葬儀屋になりたてで、ほんの駆け出しだったの頃の話。

 

幽霊が見えたら葬儀屋辞めます!-夏の怪談-

 

東京の郊外にある古びた斎場。

年に数える程しか訪れることのないその斎場で、久しぶりに葬儀を行った。

 

その日はそれほど忙しくなかったらしく、その斎場にあるいくつかの式場のうち、通夜をやっていたのは僕達の式場だけだった。

 

故人様は70代のおばあ様。喪主様は40代の息子様。

最近では通夜晩に斎場に泊まらないご遺族も増えたが、最後だから喪主様は泊まりたいとおっしゃられたので、手配は済ませておいた。

 

通夜はしめやかに営まれた。

 

無事に通夜が終わり会葬者は、通夜ぶるまいの食事の席へ。

ひと盛り上がりした後、ひとりまたひとりと家路につき、そのうちにお開きとなった。

 

 

片付けの支度をしていると、宿泊部屋に移動したはずの喪主様がひどく慌てた素振りで飛び出して来た。

 

駐車場の車に道具を積み込んでいる僕達を見つけ、青い顔をしながら近づいて来る喪主様。

 

「今日この斎場に泊まる人間って、私一人だけなんですよね?」

 

やって来るなり早々に質問をする喪主様。

 

「通夜は一件だけですから、守衛を除けば喪主様だけですね。」

 

僕がそう言うと、喪主様が今にも泣きそうな声で呟く。

 

「帰っても良いですか・・・?」

 

「えっ?」

 

思わず聞き返す僕に喪主様が続ける。

 

「帰っても良いですか?死者が・・・怖いんですよ・・・」

 

いやいや、自分の親だろー!!!

 

そう思ったが、当然口には出せない。

 

「良いですよ。ただし布団代などの諸経費は返金出来ませんが・・・」

 

「良いんです!!!」

 

力強く叫んだかと思うと、すざまじい勢いで部屋に戻り、荷物を抱えて飛び出してくる喪主様。

 

再び僕達のもとへやって来ると、一気にまくし立てる。

 

「わがまま言ってすいません!でもいろんな方々が・・・私の部屋をひっきりなしに通過していくもので・・・。うゎ・・・そこの木にも首を吊った女性が・・・。あっ!失礼しました。それじゃあまた明日!」

 

そう言って慌てて車に乗り込み、走り去る喪主様。

 

いや~な沈黙に包まれる。 

 

恐る恐る後ろにある何の変哲も無い(少なくとも我々にはそう見える)木を見上げ、凍り付くスタッフ一同。

 

「ひっきり無しに通過していくらしいですよ・・・何かが・・・」

 

誰かがそう呟いた。

 

「まさか、そんな・・・」

 

カラカラカラッ!

 

木の枝が一本折れて落下する!

 

まさか・・・

 

心臓が悲鳴を上げた。

 

 

その後、僕達が今まで見たこともないスピードで後片付けを済ませ、斎場を飛び出したことは言うまでもありません。

 

見えない体質だから良かったけど、あの時背中に感じた異様に冷たい「何か」を、今でも忘れることが出来ません。

 

 あわせて読みたい

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo