死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

遺体や葬儀(葬式)をカメラで写真撮影することは良いのか?

【スポンサーリンク】

「ご遺体や葬式(通夜・告別式・葬儀)の様子を、写真やスマホやデジカメで撮影して良いものか?」

 

f:id:beauty-box:20150730022518j:plain

 (Photo by emɹә)

 

時々この様な質問を受けます。

 

スマホやデジカメの普及によって、誰でも手軽にキレイな写真が取れる時代。

遺族や親族は勿論のこと、一般の会葬者も祭壇や会場の様子を撮影することは、もはや当たり前の光景となりつつあります。

流石に一般の会葬者の方が、勝手にご遺体の写真まで撮る事はありませんが、遺族の中にはご遺体を撮影する人の姿も、見られるようになりました。

 

結論から言えば、

 

OKです!

 

地方によっては風習などで、NGという場合もあるのかも知れませんが、首都圏では、特にその様な風習もありません。

葬儀屋としては、「どうぞご自由に」というのが本音です。

 

但し、やはりデリケートな問題でもありますし、実際に揉め事に発展するケースもありますので、やはりある程度の配慮は必要なように思います。

 

 

「撮影許可」

 

故人や喪主の叔父・従兄弟・遠い親戚などが勝手に遺体の写真を撮り、ご喪家や他の親族と、揉め事になるケースが散見されます。
自分がご喪家の人間ではない場合、必ず喪主を中心とするご喪家と話し合い、遺族・親族の総意として撮影することを決めてもらいましょう。
住職によっては式中にカメラを使用することそのものを嫌がる、或いは事前の許可を義務付けている方もいらっしゃいます。作法・読経・弔辞・お別れの儀・・・それぞれどのシーンで撮影が可能か、或いは不可能かを葬儀屋の担当に確認してもらいましょう。
神経質な親戚がいる場合には、葬儀屋に頼んで、開式前の前説時に、撮影がある旨を全員にアナウンスしてもらうのも良いでしょう。

 

 

「撮影者」

 

親戚(直系でもなく、遠すぎる訳でもない親戚の男性がベスト(「甥」「姪の配偶者」「従兄弟」「娘婿の兄弟」などなど・・・兎に角ある程度親戚だと認識で出来て、喪主様や故人の孫など、あまりにも近い直径の親戚でなければベストです。)
適任の撮影者がいなければ、葬儀屋のスタッフに撮影をお願いしましょう。

 

 

「撮影のタイミング」

 

その地域によって若干異なるところもあるでしょうが、通常通夜の晩や告別式の朝にご喪家が会場入りする時間は、他の親族や一般の会葬者よりも早いはずです。
葬儀屋の担当にお棺の蓋を外してもらったりしながら、ゆっくりと遺体や斎場を撮影させてもらうのが良いでしょう。
自分が喪家の人間ではない場合は、事前に喪主様と相談し、同じ時間に入らせてもらって、撮影するのもひとつの手でしょう。
親族で祭壇を背に記念写真を撮りたい場合は、通夜終了後に葬儀屋の担当に相談し、翌朝告別式前に行うのが良いでしょう。

 

 

「お別れ(お花入れ)の儀」

 

祭壇に飾られた花を参列者お棺に手向ける、「お別れ(お花入れ)の儀」。

故人の納められた棺が、色とりどりの花で飾られる葬儀のクライマックスは、当然人気の高い撮影ポイントのひとつ。

しかし故人とゆっくりお別れの出来る最後の機会でもあります。

参列者がお棺に歩み寄る合間をかき分けながら、バシャバシャシャッターを切ることは、他の参列者から 顰蹙(ひんしゅく)を買う可能性大。

枚数を控えつつ、節度を持った撮影を心がけましょう。

オススメのポイントは、一通りお別れも済んで、棺の蓋を閉める直前。

「綺麗な姿を残しておきたいので。」 という言葉を添えて、撮影に入ると良いでしょう。(最初に葬儀屋に伝えておくのがベスト)

更に故人のみの写真だけでなく、近しい遺族を1人~数人を一緒に入れた、写真も数枚撮っておくことをオススメします。

遺体だけの写真を一心不乱に撮っている姿は、周囲の人間に多大なる違和感を与えがちですが、そこに生きている人間が入ることで、周囲の心情をだいぶ和らげることができます。

  

周囲に配慮しながら、素敵な写真を残してくださいね。

 

 

あわせて読みたい

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo