読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀屋バカ一代

葬儀屋のブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【葬儀のプロが解説】『清め塩』の何故(由来・意味・取り扱い)

葬儀豆知識

【スポンサーリンク】

葬儀の後に渡される「塩」

親から「清めだからやりなさい」と言われて育ったから、今でも何となくやっているけど、一体どんな意味があるの?

そんな「清めの塩」について、ご説明いたします。

 

f:id:beauty-box:20150512193452j:plain

 

起源・由来

 

日本古来からの宗教観が起源。この宗教観を受け継いだ神道では、人間の死を穢(けが)れたモノとして、「死穢(シエ)」と呼び、忌み嫌いました。
死が持つ穢れは「気枯れ(気が枯れるの意)」とも言われ、徹底的に遠ざけられ、清められる運命にありました。
神式の葬儀ではケガレが神聖な神の家を汚すことを嫌い、神社で葬儀はあげません。またお柩を祭壇の前に安置する仏式と違い、「遺体」祭壇の後ろに隠したりと、随所にケガレを遠ざける為の様々な工夫が見られます。

 

 

「塩」という存在

 

死のケガレ(穢れ・気枯れ)を清める手段として考えられた物のひとつが「塩」です。
塩は自然界の中でも特出して安定性を誇る物質のひとつです。
死がケガレとされた原因のひとつは、遺体が腐り、朽ち果ていくことにあると思われます。
一方で塩は腐りません。全てを焼き尽くす炎をもってしても、燃えません。
昔は遺体が腐るのを防ぐ為に、塩を塗っていた時期もあるようです。
不変・不滅の様相から、穢れを払い魔を寄せ付けない物として、葬儀や相撲など、古来から宗教と関わりの深い場所で「清め」の役割を担っているのでしょう。

 

 

仏教における「塩」

 

元来仏教には死に対する「ケガレ」とうい考え方は、存在しませんでした。しかしながら、神仏融合の過程で神道の考え方に影響され、いつの間にか仏教でも「清めの塩」という概念が定着していきました。

 

 

浄土真宗における「塩」

 

以前「守刀」の項目でも書きましたが、浄土真宗は土着信仰などから来る迷信の一切を否定しています。したがって「塩」は使いません。
また、宗派に関係なく東日本の人達は比較的「塩」を使いたがります。それに対して静岡より西の人達は、「塩」の受け取りを辞退する人が多いように感じます。

 

 

使い方

 

肩や胸などの上半身に適量をかける。(かけてもらってもOK)
次に下半身に適量かける。

 

 

忘れてしまったら?

 

忘れてしまった場合は、もう一度玄関まで戻って塩をかければOKです。
正式には喪服に着替え直して塩をふるのが正解ですが、上着だけ引っ掛けてやり直すくらいでも良いでしょう。
あくまでも気持ちの問題ですから、心に引っかかるものがなければ、別にやらなくても問題ないでしょう。

 

 

余った塩は食べられるの?

 

食べられます。実際何度か食べました。
しかし、中には乾燥剤が入っているものもあり、体にはあまりよくない場合もありますので、食べない方が無難です。
万が一食べてしまってもそれ程問題はありません。お子様が舐めてしまっても、心配する必要はありません。

 

 

葬儀屋は塩を使うのか?

 

結論から言えば使いません。

私もこう見えて変な部分が迷信深いもので、まだ葬儀業界に入りたての頃は、毎日大量に塩をまいてました。

しかしみるみる減っていく塩の袋を眺めていたら、だんだんバカバカしくなってきて、今では全く使っていません。

入社したてでもなければ、ほぼ葬儀屋は使っていないと思って間違いないでしょう。

 

以前にこのブログに葬儀屋は塩を使うのか?という質問をいただきました。

遅くなってしまいましが、今回はその質問に答える形でブログを更新させていただきました。

 

 

あわせて読みたい

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo