【出棺前の喪主挨拶での惨事】遺体で遊ぶのはやめましょう!

【とんでもない遺族の話】

90代の女性の葬儀

送り出すのは仲は良いが、少々口が悪くて個性的な遺族親族。イロイロあったが、無事出棺の運びとなった。

出棺前の挨拶は喪主(70代の故人の長男)が務めたが、これが近年稀に見るグダグタな挨拶。

兎に角長いのだが、支離滅裂な内容と指示語のオンパレードで、言ってることの意味も、何が言いたいのかも1ミリも伝わらない。

止めれば良いのに、変なゾーンに突入した喪主が更なる深みへと落ちてゆく。

喪主
喪主
「まぁ、そのぉ〜、アレだ、アレだよ。私らの時代は〜兎に角アレだった訳だ。辛かったけれども、まぁ、アレだった・・・って言っても、その〜、お前たち下の世代はわからないか?」

故人の孫たちに語りかける。

分かるかー!

どの世代でも分かる訳ねーわ!

もうそれが日本語と言うだけで、例えギリシア語でもアゼルバイジャン語でも、多分周囲の理解度は同じなんじゃないかと思うレベル

それが5分、10分と続き、周囲は完全に理解しようとする努力を放棄した。

その時、

喪主の弟
喪主の弟
「長えし、何言ってるかサッパリ分かんねぇんだよ!!」

後方からの突然の声に振り返ると、そこには故人の次男が。

この2人、決して悪い人達じゃないんだが、両者共に若干アクが強め。

喪主の弟
喪主の弟
「色即是空(私)さん、釜の時間もあるんだし、流石にビシッと行ってやらないと。『お前の話はつまらん!』って!」

大滝秀治か!?

まぁ、でも正直助かった。誰もが喉元まで出かかっていたけど、言えなかったセリフ。

お花入れの儀から長時間立ちっぱなしで、若干フラフラの平均年齢高めの会葬者達。このまま聞かされてたら、死人のひとりやふたり出るところだ。

しかし安堵したのも束の間。これで収まらないのが、今回の遺族だ

喪主
喪主
「うるせぇんだよ!人が気持ちよく喋ってんのに、水を差すとは何事だ!親の顔が見てぇよ!」
喪主の弟
喪主の弟
「目の前に居んだろ!?」
喪主
喪主
「冗談だろ!おめぇは冗談のひとつも通じねぇのかよ!?」

不謹慎!!!

まさかの兄弟喧嘩勃発。

喪主の弟
喪主の弟
「大事な場で無駄話してるお前が悪いんだろ?そっちこそ親の顔が見てみてぇよ!」
喪主
喪主
「だったら見せてやるよ!」

棺の小窓をパッカーン!

たがら死人で遊ぶんじゃねー!

\(◎o◎)/!

喪主
喪主
「仕方ないだろ?イロイロ話したいことがあったんだけど、この年になると忘れちまうんだよ。昨日だって飯食ったの忘れて。。。」
喪主の妻
喪主の妻
「あんた!その話は今は余計でしょ?」
喪主
喪主
「余計なことあるか!お前のそう言う小言の方が、よっぽどよけいなんだよ!」
喪主の妻
喪主の妻
「人前で言うわねー!あんたこそ、いつもいつもやることなすこと余計なことばかり!昨日はお皿洗ってくれたのは良いけど、どうのこうの・・・」

まさかの巴戦!

ご両人!どっちの話も確実に余計だってつーの!

喪主の弟
喪主の弟
「あれっ!?」

突然素っ頓狂な声を上げる弟。

喪主
喪主
「今度は何だよ!?」
喪主の弟
喪主の弟
「俺の鉛筆の芯が無い!」

インクの抜けたボールペンのプラスチック部分だけを摘んで、不思議そうに眺める弟。

故人の曾孫
故人の曾孫
「おじいちゃん、鉛筆じゃなくて、それボールペンだし!」

(故人の)ひ孫よ、突っ込むポイントはカクジツにそこじゃねー!

ひとしきり舌戦を繰り広げた後、ふと、喪主が呟く。

喪主
喪主
「人生ってのはイロイロあるよな」
喪主の弟
喪主の弟
「そうだな。無茶ばっかやってるとバァさんに心配かけちまうから、仲良くやっていこうや
喪主
喪主
「あぁ」

どこからとも湧き上がる、温かい笑いに包まれ、場が和む。

批判覚悟で言わせていただければ、醜い兄弟喧嘩のくだりから、まさか最後はこんな美しい展開になるとは思ってもみなかったから、ちょっとびっくり・・・笑

いずれにしても故人も草葉の陰から、ハラハラ、ゲラゲラ、さぞ忙しかっただろうが、最後は良い送り出しが出来た。

それにしても、遺体で遊ぶのはやめてね!って思ったとんでもない遺族の話。

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG