CATEGORY

NEWS・トピックス

電車への飛び込み自殺件数が最も高い駅はどこなのか?(1都3県)

年間2万人後半から3万人が自ら命を落とす日本社会。   そんな日本社会にあって、体感的には首吊り自殺に次ぐ地位を確立した感もある電車への飛び込み自殺。   恐ろしいことに首都圏ではもはや日常の一部と化してしまった感もある飛び込み自殺ですが、実際にその瞬間を目撃してしまった時のショックは計り知れないものがあるのは間違いありません。   ではどこの駅が最もその危険性が高いのでしょうか?  

【葬儀業界震撼】「友引が決まらない」-2033年旧暦問題の実態

葬儀業界を震撼させるとある問題が話題となっています。   大方の火葬場が休みとなる六曜の「友引」が決められない、所謂2033年問題。   なぜ友引が決まらないのか?そして友引が決まらなければどのような影響が出るのか?   二つの疑問に迫ります。  

【安楽死の是非】遂に子供が安楽死を選択する時代がやってきた(ベルギー)

安楽死は「完全なる悪」か?はたまた「必要悪」か? 場所は安楽死が合法化されているベルギー。 永遠に答えが出ることはないであろうこの問題に、また一石を投じる出来事が起こりました。 【ブリュッセルAFP=時事】2014年の法改正を経て、世界で唯一、いかなる年齢の患者にも安楽死の選択を認めているベルギーで、末期症状だった未成年者が安楽死の処置を受けた。   ベルギー紙ヘットニウスブラットが2016年9月 […]

【遺人形】3Dプリンターで写真から故人のフィギュアを作成

世紀の発明と言われた3Dプリンター。   その恐るべき才能による活動が、我々の周りで頻繁に報告されるようになり、徐々にその衝撃が日常になりつつある今日この頃。   そんな中、遺族と故人の在り方に変化をもたらす画期的なサービスが注目を集めています。  

中国の「冥婚」が殺人誘発か 遺骨売買も

世界の国々には他国の人間にはおおよそ理解できない不可解な風習がります。   多かれ少なかれ日本にもこうした文化はあるだろうが、今回は死生観に関する中国のおぞましい文化を紹介します。  

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG