CATEGORY

葬儀屋雑記

【赤羽線の歴史】埼京線が赤羽線と呼ばれていた頃・・・

年を重ねるということ 少し前のこと。 ひょんなことから、とある会社の新入社員さんと1日仕事をする機会があった。 待ち合わせ場所は早朝の池袋駅。 一足先に池袋駅に降り、待ち合わせのカフェで時間を潰していると、新人さんが今にも死にそうな顔をしてやって来た。 無理もない。毎度のことながらラッシュ時の埼京線の、あの殺人的な込具合には、辟易させられる。 私は小さい頃からの経験で、慣れっこになってしまったが、 […]

再出発!

皆様ご無沙汰しております。 ご縁があって、数か月前から創設ほやほやの葬儀社に参加させていただくことになりました。 事務所は社長の自宅というところからスタートし、試行錯誤の中で葬儀をこなしす傍らで、新たに事務所を作ったり、必要な備品を買いそろえたり。。。 事務所、葬儀用備品、寝台車、霊柩車、事務員。。。 急激な成長の中で激動のように過ぎ去った数か月間でしたが、ようやくいっぱしの葬儀社として形になりつ […]

死は時に残酷で、時に優しい。。。とある囚人の最期

その存在は時に骸骨の身にマントをまとい、大鎌を持った恐ろしい異型の怪物もって表され、時に手の中の命をいくつしむ、美しくもはかなげな天使として表される。   どちらも同じ「死」を人間が具現化したものだ。   実にこの世で死ほど残酷で、反面優しさに包まれた存在はない。  

【一見の価値有り】葬儀を執り行うことの意味と意義

この投稿は最後までお読みいただいて損はありません!是非最後までお読みください!   葬儀屋にとって最も嬉しいことは、遺族が「良い葬儀だった」と心から思ってくれること以外にはありません。   「良い葬儀」とは、心からの送り出しができた、生きている人間の為にもやってよかった、葬儀屋の人間も親身になって対応してくれた・・・   そんな思いを遺族・親族が抱いてくれることです。  

欅坂46の【世界には愛しかない】は、浄土についての歌だった!?

先日、第47回の紅白歌合戦出場メンバーが発表になった。   和田アキ子などの大物演歌歌手が落選する一方、デビュー1年の欅坂46が初出場を獲得。凋落著しいAKBグループを尻目に、姉妹グループの乃木坂46と共に、改めて坂グループの勢いを示した。   ところで欅坂46といえばデビュー曲【サイレントマジョリティー】が大ヒット。次いで発売された2ndシングルが【世界には愛しかない】という楽曲だ。   このタ […]

【人の死で飯を食う】葬儀屋の小さなプライド

「人の死で飯を食う商売」   良い・悪いは別として実に的を得た、ごもっともな表現だ。   しかし、つくづく葬儀屋というのは因果な商売だ。   必要とされるのは決まってひとりの人間の人生に、死という名の帳が下された時と、相場が決まっている。  

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG