読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀屋バカ一代

葬儀屋のブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

「運転しながらスマホ・携帯を使おう!葬儀のご用命はワスン葬儀社まで」Wathan Funeral Home

葬儀のニュース・トピックス

【スポンサーリンク】

 カナダのハイウェイに、ワスン葬儀社が出した衝撃的な広告がお目見えしました。

 

「運転しながらスマホ・携帯電話を使おう」という内容です。

 

ながらスマホは「あちらの世界への高速道路」という訳です。

 

「運転しながらスマホ・携帯を使おう!葬儀のご用命はワスン葬儀社まで」Wathan Funeral Home

(Photo by Wathan Funeral Home) 

 

もちろんこれは本物の広告ではありません。もちろん葬儀社も架空です。

 

カナダの広告代理店などが仕掛けた、スマホをしながらのながら運転に対する警告キャンペーン広告。

 

">最近日本でもスマホをしながらの「歩きスマホ」や「ながら運転」が問題となっていますが、海外でもご多分に漏れず社会問題となっており、どうやら世界的なトレンドとなりつつあるようです。

 

ちなみにこの架空の葬儀社、ご丁寧にHPまで開設しています。

 

wathanfuneral.com

 

まるで中身は本物の葬儀社のようですが、HPによると

 

  • 2013年スマホのながら運転による死者はスピード違反の死者より13%も高い。
  • ながら運転で事故に巻き込まれる確率は通常の23倍
  • このまま行けばながら運転による死者は飲酒運転による死者の超える

 

など、中々恐ろしい内容が書かれています。

 

先日18歳くらいの時にながら運転で事故を起こしたアメリカ人女性の特集を見たことがきっかけで、この広告とサイトの存在を知りました。

 

LINEの様なメッセージアプリを使用したほんの僅かな間に事故を起こした彼女は、その類まれな美貌を失い、確か片目を失明したとか(この辺りは記憶が不確か)、兎に角顔にひどい傷を負ったと記憶しています。

 

その後は米国でも深刻な社会問題になりつつあるながら運転の防止のため、全米で講演活動をしているそうですが、このまま行けば日本でも飲酒運転・ドラッグ運転と並んで大きな社会問題となる日が来ることでしょう。

 

そうならないためにも、官民あげての防止対策に期待したいところです。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo