CATEGORY

喪主/遺族

通夜の晩は斎場に泊まらなければならないのか?

夜と通すと書いて通夜。   一昔前の通夜(自宅での葬儀が一般的)といえば、近しい人間が夜を徹してお線香をたむけ、故人の思い出を語らう。そんな光景が一般的でした。   葬儀が斎場で行われようになった今日においても、斎場に宿泊する遺族もいらっしゃいます。   それでは現在では一般的にどのような傾向にあり、実際に泊まる人と泊まらない人の割合はどうなっているのでしょう?  

火葬のみの直葬は正解なのか?-葬儀をすることの意義を考える

最近は火葬のみを行なう直葬が増えています。   東京では実に4件に1件が直葬だと言われています。   しかし、安易な直葬はかえって面倒な事態を引き起こす場合もあります。直送が悪いとは思いませんが、後々のこともしっかりと考えて行うことが大切です。  

遺骨の分骨を希望の場合は必ず分骨許可証を取りましょう

「みんなのお葬式体験談」   現在のお墓とは別に故郷の墓にも遺骨を埋葬したい、大好きだった場所に埋めてあげたい、形見分けとして少し骨を持って帰りたい・・・   分骨を希望される方の思いはそれそぞれ・・・   しかしどんな理由にせよ、必ずやっておかなければならないことがあります。  

火葬場の炉内の温度

葬儀と共に荼毘に付される遺体。 日本の死者のうち98%が火葬にされるこのご時世、このブログを読んでいる誰もが世話になるだろう火葬炉。 なぜだが炉の温度が気になる人が多いようなので、記事にしておきます。

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG