【日本を襲った最悪の10大地震】概要・死者数・被害比較(20世紀以降)

日本の地震災害ランキング

地震大国日本。

関東地震、東海地震、東南海地震、三陸地震など、定期的に巨大地震が日本列島を襲うことは周知の事実ですが、20世紀以降に起こった死者1,000人以上の10大地震について、地方ごとにまとめてみました。

東北地方

 昭和三陸地震

発生日時1933年3月3日午前2時30分48秒
発生場所岩手県上閉伊郡釜石町(現・釜石市)東方沖約200km
マグニチュード8.1
死者・行方不明者3,064人
1896年に起きた明治三陸地震同様、震源が海岸から200km以上と遠かったため、地震そのものの被害は少なかった。
しかし、地殻変動により大津波が襲来し、沿岸部に甚大な被害をもたらした。津波の高さは最大で28.7mを記録している。
ちなみに「明治三陸地震」では、38.2mの巨大な津波により21,959人の命が奪われた。

宮城県本吉郡唐桑村(現・気仙沼市)

昭和三陸地震 – Wikipedia

 東北地方太平洋沖地震

発生日時2011年3月11日14時46分18秒
発生場所宮城県
マグニチュード9.0 
死者・行方不明者24,627人
「東日本大震災」を引き起こした地震。
関東大震災以来、実に約90年ぶりに日本列島に1万人を超える死者をもたらした巨大地震。
関東大震災における死者の9割が焼死だったのに対し、こちらは死因の9割以上は津波によるもの。焼死・圧死は1割にも満たない。
免震・耐震には世界中のどこの国よりも厳しく、津波が世界共通語になる程の国家だが、それでも甚大な被害は免れなかった。
原発問題も含め、地震大国日本に突きつけた課題は果てしなく大きくて深い。

 東北地方太平洋沖地震(Photo by jasonswearingen)

東北地方太平洋沖地震 – Wikipedia

関東地方

関東地震

発生日時1923年9月1日11時58分32秒
発生場所南関東
マグニチュード7.9 
死者・行方不明者105,385人
言わずと知れた日本史上最悪の災害、「関東大震災」を引き起こした地震。
東京・神奈川が死者の9割以上を占める。建物の全壊が109,000棟に対し、全焼が212,000棟となっていることから分かる通り、被害者の9割が火災による死者と言われている。

関東地震 – Wikipedia

東海地方

三河地震

発生日時1945年1月13日午前3時38分23秒
発生場所愛知県三河湾
マグニチュード6.8
死者・行方不明者2,306人
戦時下であり国民の士気低下を嫌う軍部に隠蔽され、大規模な報道はされなかった。そのため軍部による小規模な救助活動以外は、近隣県からの救助活動や支援が全くなく、被害を拡大させた。
直下型の地震だが、壊滅した集落の隣の集落はほぼ無傷だったりと、都市毎の被害状況に大きな差がある。

37日前に起こった昭和東南海地震によるダメージを受けた建物が十分に修理されないまま三河地震を受け、倒壊したケースも多く、被害が拡大した。
近年見つかった資料では愛知県の一部だけで2,652人が死亡したとの記述がある。

三河地震 – Wikipedia

近畿地方

北丹後地震

発生日時1927年3月7日18時27分39秒
発生場所京都府丹後半島北部
マグニチュード7.3
死者・行方不明者2,925人
最も被害の大きかった京丹後市では7-9割の建物が倒壊。
発生時刻が春先の夕刻だったため、食事や暖房で火を起こしていた家も多く、大規模な火災が発生、大勢いの焼死者を出した。
震源から離れた大阪市内でも液状化現象を発生させるなど西日本に甚大な被害をもたらしたが、この地震を契機として地震学が大きく発展していくことになる。
北丹後地震(北丹後地震により網野駅で横転した列車)

北丹後地震 – Wikipedia

 昭和東南海地震

発生日時1944年12月7日に午後1時36分
発生場所三重県熊野灘沖
マグニチュード7.9
死者・行方不明者1,223人
戦時下であり真珠湾攻撃3周年を迎える年でもあったため、国民の士気を低下させる情報は軍部によって徹底的に隠蔽された。被災地住民にも箝口令が敷かれ、被災地は孤立した。こうした状況のため、正確な死者など詳細は分かっていない。
ちなみに地震計の情報から連合国はこの大地震を正確に把握しており、アメリカ軍が撮影した被災地の写真も残っている。
直後に津波被害の大きかった名古屋地区の軍事工場一体はアメリカ軍による大規模な空爆を受けている。

昭和東南海地震 – Wikipedia

昭和南海地震

発生日時1946年12月21日午前4時19分
発生場所紀伊半島沖
マグニチュード8.0
死者・行方不明者1,330人
90年程度の周期で定期的に発生している南海地震だが、他の年代に比べて比較的小さな規模の地震だったと言われている。
津波の高さもそれほど高いものではなかったが、それでも沿岸部に甚大な被害をもたらした。
敗戦後の焼け野原から街を復興させようと懸命になっていた矢先の大災害。追い討ちをかけるような地震の被害に、人々は大いに苦しめられることとなった。

昭和南海地震 – Wikipedia

 兵庫県南部地震

発生日時1995年1月17日5時46分52秒
発生場所兵庫県 北淡町
マグニチュード7.3
死者・行方不明者6,437人
「阪神・淡路大震災」を引き起こした地震。
巨大都市を襲った日本で初めての都市型直下地震であり、震度は最高の7。
冬季の早朝であったため、自宅で就寝中に地震に見舞われた人が多く、死因の80%が建物や家具の倒壊による圧死(窒息死)だった。
電気・ガス・水道・電話などのライフラインや道路・鉄道などの交通網は広い範囲に渡って壊され、全く機能しなかった。
津波の影響こそ小さかったが、大規模な火災も発生し、東日本大震災が発生するまでは、戦後最悪の自然災害であった。
(阪神高速道路(灘区))神戸市提供

近畿地方

福井地震

発生日時1948年6月28日16時13分29秒
発生場所福井県坂井郡丸岡町
マグニチュード7.1
死者・行方不明者3,769人
昭和東南海地震に影響を受けた誘発地震と考えられている。
戦後の復興途中であり、バラックなど脆弱な建物が立つ人口密集地が被災地となったため、東日本大震災・阪神淡路大震災に次ぐ、戦後3番目の甚大な被害を被った。
またマッチ工場からの出火や、夕食時の家庭からの出火等、数多くの火災が発生し、数百人規模の人間が焼死した。
(倒壊した福井本線の鉄橋)

福井地震 – Wikipedia

東北地方

鳥取地震

発生日時1943年9月10日17時36分54秒
発生場所鳥取県気高郡豊実村(現・鳥取市)野坂川中流域
マグニチュード7.2
死者・行方不明者1,083人
戦時中に発生した大地震。古い家屋なども多く、倒壊率は80%に達した。
夕食時で火災が発生したが、うまく延焼を食い止めることに成功。関東大震災のような火災による大規模な被害は発生しなかった。
また、関東大震災直後、厳戒態勢の戦時中ということもあり、避難や対策がスムーズで、大きな混乱は起きなかった。
出兵で男性が少なかったため、死者の性別は女性が6割に達する。
戦時中にも関わらず、国内外から多数の支援が寄せられたことは事実のようだが、資料が消失しており詳しいことは不明。

鳥取地震 – Wikipedia

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG