CATEGORY

熊本地震

【熊本地震】がれきの下から周り励ます「みんなも頑張らなんよ」

熊本県南阿蘇村で倒壊した自宅の下敷きになった後、搬送先の宮崎県内の病院で死亡し、同村が23日に災害関連死と認定した藤本ヤス子さん(69)。 「私は大丈夫。みんなも頑張らなんよ」。 がれきの中で助けを待つ間も、救い出されて住民の軽トラックで病院に運ばれる時も、声をふりしぼって近隣の被災者や周りの人々を励まし続けていた。  藤本さんは16日未明の大地震で、自宅1階の梁(はり)に押しつぶされ、左脚を骨折 […]

【熊本地震】夫婦同じベッド分かれた生死、夫に「助かってごめん」…暗闇の中「頑張らにゃならんばい」励まし続け 2回目震度7

目の前で励まし続けたのに、夫の呼吸は少しずつ弱まっていった-。 16日未明、2回目の震度7の激しい揺れに襲われた熊本県益城町。夫婦が寝ていたベッドはがれきの下敷きになり、妻の内村ミツエさん(79)だけが一命を取り留めた。 「助かって、ごめんなあ」。すぐ横にいながら運命は分かれた。あの日から5日。自分を責めずにはいられない。   16日午前1時25分、突き上げるような縦揺れとともに、多くの家屋が倒壊 […]

【熊本地震】うねる大地 夢奪う 学生村ぼうぜん

16日未明の最大震度6強の「本震」に始まり、断続的に襲ってきた余震が、熊本、大分両県の大地を深く切り刻んだ。 道路の寸断で孤立し、土石流で茶褐色と化した集落。雲が厚く垂れ込め、日没を待たずに降りだした大粒の雨が、自衛隊や警察、消防の救助隊の行く手を遮る。 「必ず家族、友人の元へ戻る」。窮地を脱した被災者たちがいる一方で、刻々と犠牲者は増えた。避難所では食料や水などの物資不足という現実もあらわになっ […]

【熊本地震】生きて…母の祈りは届かず

「生きて」-。そう願って握り続けた娘の手は冷たくなった。16日の地震では、多くの人々の命が容赦なく奪われた。「昨日まであんなに元気だったのに」。家族や友人らは信じられないような現実に打ちのめされ、涙に暮れた。   熊本県益城町福原の自宅で亡くなった河添由実さん(28)は、両親と兄、祖母の5人暮らし。近隣住民によると、つぶれた1階のがれきの隙間から伸びた由実さんの手を握りしめながら、母親は「早く出し […]

【熊本地震】絆強かった益城の夫婦、帰らぬ人に 友人の涙止まらず

熊本県益城町平田の西村正敏さん(88)、美知子さん(82)夫妻は仲が良く、近所でも穏やかでまじめな人柄として知られていた。 近所の住民によると、2人は米や麦、梨などをつくった。10年ほど前に正敏さんが病で体が思うようにならなくなるまでは、地区の夫婦らのグループで年に1回、2泊3日の旅行に出かけるのが楽しみだった。 今も美知子さんが自宅で食べる米をつくり、正敏さんの介護もしていたという。   50年 […]

【熊本地震】父「痛かったね」 娘が家屋倒壊の犠牲に

14日夜の最初の地震で最も大きな揺れを観測した熊本県益城町ではさらに被害が拡大。 倒壊する建物が増え、道路に大きなひびが入り、各所が通行止めになった。 「『夏には一緒にアイドルのコンサートに行こう』って3日前に約束したばかりだったんです」。深夜の地震が娘の命を奪い去り、母と娘のささやかな約束を踏みつぶした。 亡くなったのは、益城町の家事手伝い、河添由実さん(28)。 16日午前、倒壊した家屋から由 […]

【熊本地震】「何げない会話が最後になるなんて」 熊本地震で友人を亡くす

九州で初めて震度7の激震が直撃し、9人が犠牲になった「熊本地震」。 一夜明けた15日も震源に近い熊本県益城町を中心に救助活動が続いた。懸命の救出が相次ぐ一方で、突然家族を失った住民は「信じたくない」と絶句した。熊本地方は16日夜から雨の予報で、二次災害と復旧の遅れを心配する避難所の住民は疲労の色を濃くした。 震災で亡くなった9人は、それぞれの人生を突如奪われた。   「助けて、助けて」。15日未明 […]

【熊本地震】「我が子のような存在」南阿蘇村で学生3人死亡

16日未明に再び熊本県などを襲った大地震。学生ら向けのアパートが倒壊し、多数の土砂崩れも起こるなど大きな被害があった南阿蘇村。 東海大阿蘇キャンパス近くでは、アパートが少なくとも6棟倒壊し、16日未明から消防の救助隊員らが生き埋めとなった学生らを10人以上救助したが、脇志朋弥(わき・しほみ)さん(21)、清田啓介さん(18)ら学生3人の死亡が確認された。 学生11人が暮らしていた木造2階建ての「竹 […]

【熊本地震】就寝中に倒壊家屋の下敷き…高齢者中心に犠牲 「孫が生きがい」「地域の“母”」 

孫が生きがいだったおじいちゃんが、地域の“母”として慕われていたおばあちゃんが、突然帰らぬ人となった。 激しい揺れに再び見舞われた九州では16日、倒壊家屋の下敷きとなり多くの人が犠牲に。 余震への不安が消えない中、降り出した無情の雨。「地盤の緩みが心配」。極度の緊張から被災者は不安を募らせた。   16日午前1時25分。地鳴りのような音が鳴り、1階の寝室で床についていた冨岡王将(おうしょう)さん( […]

【熊本地震】息子を亡くした女性、今度は義理の娘まで帰らぬ人に・・・

震度7の揺れを観測した熊本地震で、被害が集中した熊本県益城町では倒壊した家屋の下敷きになるなどして8人が亡くなった。 悲しみに暮れる家族。助かった住民も壊れた自宅の片付けに追われ、先の見えない避難生活に不安を募らせた。   「仲の良い夫婦だったのに…」。 益城町馬水地区の宮守カズエさん(77)は、倒壊した自宅近くで親類らと涙を流した。隣接する住宅も全壊し、住んでいた義理の娘の宮守陽子さん(55)が […]

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG