CATEGORY

大切なあなたへ

  • 2016年6月10日
  • 2019年11月7日

突然の掻爬手術…お空に行った赤ちゃん…

【流産・死産の体験談】 あの世へと帰っていく魂がある。この世に生まれてくる命がある。 自らの手で命を絶つ人がいる。生きたくても生きられない人間がいる。。。 これは産みたくても産めなかった女性からの投稿です。 私は先日、掻爬手術【そうはしゅじゅつ】とい […]

  • 2016年5月16日
  • 2019年8月18日

【閲覧注意】息子を自殺で失った母親からの驚愕の再依頼とは?(納棺師の裏話)

納棺師の見る光と闇/表と裏の世界 映画『おくりびと』ですっかり注目を浴びた納棺師。 しかし、現実は映画の様に素晴らし世界だけとは限りません。 納棺師のもとに届いた驚愕の依頼!あなたはこの現実に耐えられますか!? 納棺師の体験談 納棺師に仕事を依頼する […]

  • 2016年5月10日
  • 2019年12月16日

息子を縊死(首吊り)で亡くしたママ‐自死(自殺)遺族からのメッセージ

自死遺族を無くすために 自死(自殺)は自殺者数の何倍もの自死遺族を生む。 自分自身は死んでしまえばそれで終わりかも知れないが、残された自死遺族の苦しみは、時間が解決してくれることはない。 死ぬまで続くことになる。 減少傾向にあるとはいえ、今だに年間2 […]

  • 2015年9月1日
  • 2020年5月17日

ボンタンアメが繋いだ不思議な縁-あなたは霊を信じますか?-

ある老人の通夜がしめやかに行われていた。 大勢の親族の中で、一際悲しみにひたる人達がいた。喪主を務める故人のご長女さんと、そのお孫さんだった。 通夜が終わり、近しい人間だけで、お柩を囲む。 溢れんばかりのお菓子に囲まれ、安らかな寝顔の故人が横たわる。 […]

  • 2015年8月27日

あまりに切ないカレンダーのメモ-葬儀屋の原点-

いくつもの葬儀をやっていると、時々葬儀に対する感覚が鈍ってしまい、単なる「仕事」になってしまう時がある。   そんな時、私に「それではダメだ」と気付かせてくれるのは、故人に対する遺族の何気ない「一言」だったり、打ち合わせで訪れた自宅でふと見つけた、取 […]

  • 2015年4月27日
  • 2019年9月29日

自死(自殺)を考えているあたなへ‐名も無き女性の死を想ふ

4月、散りゆく桜と運命を共にするかの様に、ひとつの命の灯火が静かに消えた・・・ 慌ただしく斎場の生花の飾りつけをしていた出入りの花屋さんが、最後の生花を飾り終わり、こちらに軽く頭を下げながら、部屋を後にする。 僕は斎場の最後尾の椅子に腰を下ろし、会釈 […]

  • 2015年3月28日

自殺対策強化月間受付窓口がナビダイヤル!ケチってんじゃねー!

※この記事は【世界をやんわり斬る】で書いた記事を転写してます。 乗員・乗客150名を乗せたまま、フランス南東部に墜落した、格安航空会社ジャーマンウィングスの9525便。 ドイツ検察当局の発表によると、副操縦士が故意に機体を墜落させたとみられるとのこと […]

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG