CATEGORY

仰天!葬儀の話

本人の死後でも婚姻届けは役所に提出できるのか?

とんでもない遺族の話 結婚・・・それは言うまでもなく、人生における最重要級のイベントのひとつであり、最大級の喜びでもあります。 たった紙切れ一枚で、全くの赤の他人が、夫婦として、倫理的にも社会的にも大きな権利と責任を保有をすることになる。 たかが紙切れ一枚、されど紙切れ一枚・・・ 遺族の代理で死亡届を役所に提出する葬儀屋にとっては、令和に改元されたてしばらくは、館内に溢れかえる婚姻届け待ちのカップ […]

女性は怖い!出棺時に妻がとった仰天の行動に震えが止まらない!

葬儀というのは人間の本性が出てしまうもの。 厳かなセレモニーが一瞬にして、修羅場と化す瞬間があります。 私が担当した葬儀で経験した修羅場のひとつをご紹介します。 お別れの儀が終わり、蓋閉めをして出棺の運びへ。 喪主は故人の妻  私 「お蓋をお閉めしてよろしいですか?」 私が喪主様に確認した次の瞬間! ペッッッ!!! 喪主様、棺の中のご主人に向かって唾吐いたんすよ!!! ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイ […]

坊主丸儲け?地獄の沙汰も金次第?結局世の中最後は「金」なんだよ・・・

弟の家にお呼ばれした。 ちょうど弟の長男の誕生日が近い。 早速電話で弟に相談。  私 「アンパンマンとか、戦隊モノとか好きだよね?おもちゃと本ならどっちが良いかな?」 弟 「金が良い。」  私 「成る程・・・じゃあ金は包むけど、それとは別に本か何か一緒に。。。」 弟 「それじゃあ本も買ったつもりで、その分も現金で入れといてよ。」  私 「成程・・・それじゃあ長男はお金 […]

葬儀に対する感じた方や考え方は千差万別・十人十色

法律や物理学の上では、遺体は物だ。 だが、遺族にとっては相変わらず者(人)だ。 故に考え方や感じ方も様々だ。 この辺りの感情が何とも悩ましい。 深夜12時近くに私の携帯が鳴る。母親を亡くした娘(喪主)からだ。 喪主 「色即是空さん、母のお腹の上に置いてあるドライアイス、取っちゃダメかしら?」  私 「どうしました?」 喪主 「いやね、母が『重い!』って言ってるみたいで。。。」 いやいや( […]

おばちゃんの、おばちゃんによる、おばちゃんのための葬儀

都内某所にある大型集合住宅。 60代前半の女性、主婦たちの憩いの場の主が亡くなった。 ご主人を早くに亡くし、子供もいない独り身の寂しさを紛らわすためか、自らの部屋を住民たちの集いの場として開放した。 いつしかそこは、主婦たちの憩いの場となった。 大病を患ってからも、頑なに入院を拒み、自宅療養の傍ら、住民たちとの交流を欠かさなかった。 葬儀は行わず、関西に住む従姉妹が取り仕切っての直葬(火葬のみ)と […]

あなたの墓地の塔婆は大丈夫?施餓鬼は【鬼】の季節!?

ある一定の年齢以上の方には知らない人はいないでしょうが、お寺の重用な法会(仏事行事)のひとつに施餓鬼(せがき)というのがあります。 施餓鬼会(せがきえ)の略称ですが、年に一度、お寺をあげて大々的に行う檀家全体の先祖供養といったところでしょうか。 全国的には8月のお盆の時期におこなわれるのが一般的だと思いますが、なぜか都内は5月に行うお寺が多く存在します。 お寺の一大行事ですから、かなりのお金が集ま […]

遺影の写真をめぐって殺人事件勃発!?

葬儀で使う大切な遺影の写真。終活ブームで本人が事前に用意しているケースもあるけど、まだまだ大抵の場合、事前に生前の写真から遺族に写真を選んでもらい、それを引き延ばして使用します。 とある70代後半の女性の葬儀。 遺影の写真は喪主様である故人のご主人が決めた。 こいつが後に大事件を引き起こすとは、その時の私は知る由もない。。。 遺影の写真は10年ほど前の、お遍路さんの時のもの。 若干不鮮明なのが気に […]

葬儀における当寺院のお布施の金額は【とんち】でお伝えします

とある顔馴染みのご喪家の葬儀でのこと。式の前日、喪家から呼び出しを受けてご自宅に伺うと、渋い顔をした喪主様がお出迎え 喪主 「いや〜参りましたよ。先ほどお寺にお布施を持って行ったんですが、そのまま返されてしまいまして・・・」  私 「おっ!もしかしてお布施は要らないってことじゃないですか?ラッキーですね!笑」 喪主 「・・・・・・」  私 「し、失礼しました・・・それで、どうい […]

葬儀で赤っ恥をかいた酔っ払いオヤジの話

少しずつ暖かくなってきました。そろそろコートを手放す時期に入り、葬儀屋は少しホッとしています。 何せこのコートと言うのは、葬儀屋にとって、少々厄介な存在なんです。 ようやく暖かくなってきたと思ったら、夜は一気に冷え込んだ。 通夜に参列する一般の会葬者は、皆コートをしっかりと着込んでやってきた。 このコートが実に厄介だ。 クロークでもあれば良いのだが、残念ながらそんな気の利いたものを備えている斎場は […]

別れの涙雨?それとも快晴?出棺時の天気はどちらがお好み?

とある男性の葬儀。 天気予報は生憎の雨だったが、何とか出棺までは持ってくれた。 喪主を務めた長男から会葬者に向けての御礼の挨拶が終われば、最寄りの火葬場に向けて出棺となる。 喪主 「本日は父のためにご会葬、お焼香を賜りまして、誠にありがとうございます。天気予報は生憎の雨でしたが、何とか持ってくれました。自由奔放な人でしたので、父の日頃の行いが良かったのかどうかは疑問?な部分もありますが、何れにせよ […]

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG