CATEGORY

とんでもない葬儀の話

香典泥棒に合わないための対策とは?葬式泥棒・忌中(喪中)被害

伯母が亡くなっ時の話です。 私は弔問客に対しての記帳案内、香典の受け取りを担当していたのですが、その香典をひとまとめにして親戚に預けたのです。 その香典の入った紙袋を親戚が目を離した隙に、何者かにすべて盗まれてしまいました。唯でさえ、悲しみに打ちひしがれていた、親戚一同に襲った追い討ちは忘れもしません。 悲しむもの、怒るもの。感情が入り乱れ、幼いながらも、お金の恐ろしさを再認識した瞬間でもありまし […]

呪われちゃっても知らないよ!?葬儀終了後のお忘れ物にはご注意を!

何かと持ちの物も、持って帰る物も多いもの。 それだけに忘れ物も多くなります。 火葬後の本膳(食事)も終わり、喪主夫婦が荷物をまとめてご帰宅の準備中。 あれやこれやと葬儀屋が自宅に届ける場合もありますが、今回はご自身でお持ち帰りになるとのこと。 旦那様(喪主)が葬儀屋サイドと今後のことについて話をしている間に、奥様が子供達と一緒に持ち帰る物を車に積み込む。 その後夫婦と私たちで最後の確認。 喪主の妻 […]

【冠婚葬祭】個人と個人か家と家か?(葬儀に見え隠れする家の格差問題)

家(親)同士が決めた許嫁と結婚させられていた時代に比べれば、結婚に対する 自由度は格段に高くなりました。 しかし、冠婚葬祭とは【家と家】なんだと、思わされる瞬間が多いのもまた事実ですよね。 みんなのお葬式体験談 数年間病気を患っていた兄が、若くして亡くなりました。 兄の葬儀で驚いた事がありました。 私の家側は伯母や従兄弟も葬儀に参列してくれて、一般的な香典料よりも大目に包んできてくれました。親戚で […]

韓国人の葬儀を担当したらなぜか謝罪と賠償を要求されたよ!

日本にやって来て30年、在日韓国人男性の葬儀を担当しました。 喪主は3年前に故人の面倒を見るために、韓国からやって来て同居している息子夫婦。 故人の奥さんは健在ですが、年も年なので喪主は息子にお任せです。 故人の奥さんが葬儀の際に思い出の品を飾った、思い出コーナーを作りたいとおっしゃるので、もちろん二つ返事でOKしました。 奥さんが中心となって思い出の品を選別していたのですが、奥さんが「これも」と […]

棺桶に貼ってある故人の名札(故柩紙)が自分の名前だったら怒る?怒らない?

葬儀という精神的に余裕ない非日常だからこそ、得てしてその人の持つ人柄や器の大きさが如実に現れる場でもあります。 あなたは葬儀で本性をあらわにしていませんか? 祖母の葬儀のとき、不謹慎だけど笑ってしまったエピソードがあります。 同居していた祖母は90歳で老衰のために死去しました。そこで父が喪主となり、我が家は初めて葬儀を取り仕切ることとなりました。 喪主一家となると通夜・告別式のときはとても慌ただし […]

葬式中にブッ倒れた老人!パニクった私のとった仰天の行動とは!?

葬儀の参列者で転倒する人間は珍しくありません。 長時間座った状態から急に立ち上がり、あちらこちらに礼をしてお焼香をする参列者。 若者なら別段どうという事もないのですが、葬儀という場柄、老人が多い為、転倒事故が後を絶ちません。 また、体調不良に陥る人間もおり、葬儀中に救急車で運ばれる人間は少なくありません。 昨日の葬儀で起こった仰天話。 とある菩提寺の会館で行われた葬儀で、故人と友人関係にあったひと […]

バレンタインチョコは死者と共に・・・

数年前に体験した世にも奇妙で、温かな?バレンタインデーの思い出をひとつ。 祭壇前に飾られた棺の中には沢山の食べ物が並べられていた。どうやら故人(80代男性)はお菓子が大好きだったらしい。 特に好物だったと聞いていた物を棺から出し、供物用の小さなテーブルの上に乗せて棺の横にに飾る。こうしておけば会葬者が「そいうえば(故人は)こんなの好きだったもんね~」って話で盛り上げることが出来る。 我ながらナイス […]

ニーチェ先生的な喪主-真実は神仏のみぞ知る!?

以前、妙に世の中を悟った哲学的コンビニ店員、『ニーチェ先生』が人気を博していましたが、そんな感じのご遺族の話。 都内で長年小さな居酒屋さんを営んでいらした方の葬儀でした。 最近の葬儀では司会が式の合間合間に、故人様の「人となり」についてのナレーションを入れます。 その為、式が始まる前の時間に、ご遺族と司会の人間を交えて打ち合わせを行います。 今回は喪主様(故人の長男)と喪主の奥様を交えての打ち合わ […]

ブルータス!お前もか!? ご住職!あんたもか!?

一代で従業員100人規模の会社を作り上げた創業者の葬儀。 第一次世界大戦後の混乱期・第二次世界大戦・関東大震災・・・ 多くの困難な時代を乗り超え、日本経済を支えた、古き良き日本男児。 立派な人生に相応しい良い葬儀だった。 会葬者の数も多く、かなりの長丁場になってしまったが、いよいよ出棺を前にして、故人の長男にして現社長である喪主の御礼の挨拶が始まった。 故人の生い立ちから始まり、苦労して会社を大き […]

「ワシは仏か?それとも・・・」遺族に話しかける会葬者

葬儀では親族焼香の後に一般会葬者の焼香となります。 大きな斎場の場合は特に、通夜で焼香をした一般会葬者は遺族の前を通り、式場前方の扉から退場するといった導線が取られることが多くあります。 その際、喪主に話しかける会葬者がいます。 お年を召された方などは、長々と話し込む場合もあり、遺族と葬儀屋にとっては困り種でもあります。 しかし、上には上がいました。 長年連れ添った奥様の葬儀で、喪主を務めるのは高 […]

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG