CATEGORY

とんでもない坊さんの話

【故人の繋いだご縁に感謝】古き良き日本の葬儀と出会う

 「みんなのお葬式体験談」   葬儀の様相は時代とともに随分と変化しています。   遺族や会葬者の負担を減らすべく、簡略化の波が押し寄せる葬儀業界ですが、日本の古き良き葬儀を思い出させてくれる、そんな投稿をいただきました。  

「本尊」・・・寺にとっては命!!!-とんでもない住職の話

とんでもない坊さんの話。   怒涛のような葬儀ラッシュが終わってようやく一息。あまりの忙しさに出入りの業者さんから   「次は色即是空さんの番ですね笑」   なんて、祭壇を指さされながら、およそ笑えないブラックジョークをぶちかまされる始末・・・   「あはははははははは・・・」   乾いた笑を残しつつ、斎場の最終チェックをしていると、ご導師の控室に小汚い紙袋を発見!    

説得力ゼロ!あんたの説教は誰も聴かん!-とんでもない住職の話

とんでもない坊さんの話。   基本的に仏式の通夜の場合、お寺さんは殆どの方が開式30分前、どんなに遅くとも15分前には斎場に入ります。   祭壇周りの確認や着替え、ご遺族との挨拶、そして僕たち葬儀社サイドの人間との打合せ等々、式前は結構バタバタです。   勿論大切な葬儀ですから、もっと早くに斎場入りする住職も、沢山います。   ところが今回のお坊さんは、30分を切っても姿が見えず。15分を過ぎても […]

そんなバカな!?キャンペーン中につき「戒名」ひと文字サービス!-とんでもない住職の話

とんでもない坊さんの話   今日の葬儀にお呼びしたご住職は、30台前半の若い住職。30歳までは自分の好きなことをやって、その後はお寺の副住職として修業。勿論ゆくゆくは父親(現住職)の跡を継いで、寺の住職になる予定。   まさにファンキーモンキーベイビーズのDJケミカルみたいな感じ。意外に思うかも知れないが、そこまで頻繁という訳ではないけれど、住職の世界では、ままある話。  

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG