【徹底解説】ペースメーカーを付けまたまの火葬の注意点

火葬場とペースメーカー

亡くなりそうな身内が、ペースメーカーを付けているのですが、そのまま火葬してしまっても良いものでしょうか?

こんな質問をいただきました。

火葬の可否

出来ます。何の問題も心配いりません。

もちろん施設上の理由から無いに越したことはありませんが、そうかと言って、亡くなった後にいちいち取り出して火葬することも出来ません。

安心して、火葬場にお連れしてください。

注意点

上記のとおり、火葬は問題なくしてくれます。

ただし、ひとつだけ絶対に覚えておいてほしい注意事項があります。理由と合わせて頭にい照れおいてください。

必ず事前に葬儀社に伝えておく!

以上です。

ペースメーカーの申告は義務付けられているので、葬儀屋に伝えておけば、そこから火葬場に伝わります。これが重要です。

火葬場に伝える理由

なぜならば、ペースメーカーは火葬中に破裂(爆発)することがあるからです。

メーカーによっては、破裂しないとか、状況によって破裂しないなどと言われており、定かではありませんが、ペースメーカーは基本破裂すると思ってください。

 爆発犯!?テロと勘違い

私も何度か聞いたことがありますが、結構なボリュームの音量です。

公共の施設(都内は民間も多いですが・・・)で、爆発騒ぎとなれば、一大事です。

「爆発物と見られるものが爆破!現場は現在厳戒態勢の元、テロの可能性も視野に慎重な捜査が進められています!」

なんて事態にはならないでしょうけど、ちょっとした騒ぎになること必至です。

そんな事態を未然に防ぐためなのです。

ペースメーカーの火葬と注意点

ビビリ防止

上記の項目にも通じるとことがありますが、本気でビビるんですよ、あれ。

私も何度か不意に食らったことがありますが、何にも知らない状態で、「バーン!!!」ってくると、本気で心臓が止まりそうになります。

結構いい年の火葬場スタッフなんて、そのまま昇天しかねない。

現場スタッフの精神的な安全を保つためなのです。

【仰天の事実】葬儀屋史上最高にびっくりした出来事!(目を疑うハプニング!?)

火葬場スタッフの安全確保

今度は精神的なものではなく、肉体的な安全の方。

火葬の炉には監視窓と、遺体を効率良く焼くために内部をかき回す棒(デレッキ)を差し込む穴が設けられています。

万が一穴から破裂の衝撃で物が飛び出してきて、火夫(遺体を焼く火葬場のスタッフ)に当たったら、一大事です。

前もって分かっていれば、炉の中が落ち着いた頃合いを見計らって、中の状態を確認したり、デレッキを操作することが可能です。

そうして不測の事態を回避可能にする為にも、必ず事前に伝えておきましょう。

ペースメーカーの火葬と注意点

火葬場の本音と良心

高温で人間の遺体を焼く炉の内部は、なかなかにして高価でデリケートな作りになっています。

そうした箇所が破裂によって傷つくのは、当然防ぎたいものです。

また、火夫はなるべく骨を綺麗に残してあげたいと、神経を集中して遺体を焼いています。喉仏などはしっかり残してあげると、やっぱり遺族は喜びますからね。

ところが破裂により、骨が大きく破壊されてしまうことがあります。

まぁ、もっとも通常の火葬でも骨は崩れてしまう(特に高齢になればなるほど)ものですので、このあたりは気持ちの問題という面も大きいのですが、こうした理由により火葬場からすれば、ペースメーカーの入った遺体の火葬を避けたいというのが本当のところです。

しかし、最初に書いたとおり、それは出来ません。

そこで、「火葬はするけど、せめて事前に教えてね」というのが、火葬場の本音です。

喉仏は体の前面ではなく、首の後ろ、第二頚椎の骨
(喉仏は体の前面ではなく、首の後ろ、第二頚椎の骨。どちらにせよペースメーカーからは場所も近く、破裂により破壊されやすい)

まとめ

いずれにせよ、遺族は何も心配する必要はありません。

事前にペースメーカーを取り出す必要も、ペースメーカーが入っているからといって、日本国内では官民問わず、火葬を断られることも一切ありません(外国では断られるケースもあるようですが)。

事前に葬儀屋から火葬場に伝わっていれば、後で文句を言われることもありません。

安心して、火葬場にお連れください。

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG