真言宗・曹洞宗・浄土宗の葬儀で使うシンバルは「妙鉢」と言います

みんなのお葬式体験談

葬儀で導師が楽器の様なものを使用しているのを見たことがある方も多いのでは?

神妙な場でいきなりガシャーンとやられて、椅子からひっくり返りそうになったなんて方もいるかも知れませんね。

遠い親戚のおじさんのお葬式のお話。

うちの母方の実家は九州のある小さな島の小さな町で、隣近所みんな親戚というようなこじんまりとした田舎です。
島とは言っても私が小さい頃はその島と本土を結ぶ定期船があり、お盆や正月、ゴールデンウィークなどでも気軽に遊びに行ける場所でした。

名前は知らないけどよく見かけるおじさんが亡くなったので、葬儀で島に渡り町に一つの小さなセンターと呼ばれる建物へ。
小さかった私は母の膝の上、周りの大人たちが泣いているのでおとなしくしていないといけないと思いじっとしていました。

そしてお葬式が始まりました。
センターの入口からお坊さんが入ってきて祭壇の前に座ります…
この時に気付きました。 お坊さんが座る中央の椅子の隣に、椅子がまだいくつか並んでいることに。

小さいとは言え何度か葬式には出たことがある私はその椅子の数に違和感を覚えましたが、一番最初に入ってきたお坊さんのあとにゾロゾロと数人のお坊さんが続きそれぞれの椅子へ。
そして中央に座っていたお坊さんがお経を唱え始め、しばらくすると脇に座っていたお坊さんがシンバルの様なものをシャーンと鳴らしました。
それに呼応するように周りのお坊さんたちもそれぞれ手に持った楽器(だと当時の私は思いました)をシャンシャカ叩き始めるではないですか。

唖然とその様子を見ていましたが、周りの大人が誰も何も言わずただ静かにお経(と楽器)を聞いているのがとても異様な気がしました。
三十路になったつい最近まで忘れていたのですが、昨年叔父が亡くなりその葬儀も数人のお坊さんが楽器を演奏したのでふと思い出しました。
そういう宗派らしいですね…。

なおお布施の額でお坊さんの数は増える、とのことでした。 

仏教と楽器

神道における「雅楽」や、キリスト教におけるパイプオルガンなど、宗教と楽器はとても深い関係にあります。

神仏に音楽を奉納する、彼らの注意を引く、或いは邪気を払い、心を清めるなど様々な意味合いがあると言われています。

仏教の場合、元々はお釈迦様が亡くなった時に鳴らしたのが起源と言われています。

仏式の葬儀で導師が使う楽器を総称して「鳴り物」と言います。こうした鳴り物は、中国文化の影響を受けたものです。

リンや木魚が有名ですが、シンバルのような物は、【妙鉢(みょうばち)】と言います。

略して「バチ」と呼んだりもしますし、「ドラ」などと呼ぶこともあります。

仏教においても本来は巨大な「ドラ」などを用いていたようですが、さすがに持ち出しには向かないため、小規模な楽器が考案されたと言われています。

ですからお寺の本堂などには大きなサイズのものがありますが、葬儀場で目にするものは、コンパクトな簡易サイズの鳴り物になります。

妙鉢を積極的に使う宗派としては、真言宗や曹洞宗が有名ですが、稀に浄土宗や他の宗派でも用いられます。

複数の僧侶

メインの僧侶を「導師」「住職」などと呼び、お付きの僧侶を「脇導師」「式衆(しきしゅう)」「伴僧」などと呼びます。

本来は導師が作法に入り、お経が途切れてしまうのを防ぐために、脇導師がお供として葬儀に参加するのが正しい形と言われています。

しかし残念ながら現在では殆どの場合、僧侶の数はお布施の額に比例しています。

稀に複数の僧侶を抱えている寺、特に夫婦や親子で僧侶をしているお寺などは、お布施の額にかかわらず複数の僧侶で葬儀に臨むお寺もあります。

現代においては、本当に希ですが・・・

いずれにせよ「地獄の沙汰も金しだい」と言ったところでしょうか・・・

ちなみに山門不幸(住職やその配偶者・親・子供などの葬儀)などでは、多くのの僧侶が葬儀を執り行う場合が一般的です。

大本山など寺格の高いお寺の山門不幸ともなれば、10人を超える僧侶がお勤めを行う場合もあります。

あまり見かけない光景でしょうが、まさに圧巻ですよ。

お布施のトラブル

関連記事

何かとお金のかかる葬儀。 だからこそそこには様々なトラブルが潜んでいます。以前ブログに『終活読本ソナエ』の記事に対する意見を求められたので、ぶっちゃけたことろを書いてみたいと思います。 第一弾「お布施で500万円請求された!」[…]

IMG
>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG