【熊本地震】がれきの下から周り励ます「みんなも頑張らなんよ」

熊本県阿蘇村で倒壊した自宅の下敷きになった後、搬送先の宮崎県内の病院で死亡し、同村が23日に災害関連死と認定した藤本ヤス子さん(69)。

「私は大丈夫。みんなも頑張らなんよ」。

がれきの中で助けを待つ間も、救い出されて住民の軽トラックで病院に運ばれる時も、声をふりしぼって近隣の被災者や周りの人々を励まし続けていた。 

藤本さんは16日未明の大地震で、自宅1階の梁(はり)に押しつぶされ、左脚を骨折した。

暗闇の中、懐中電灯のわずかな明かりを頼りに、約10人の住民が1時間ほどかけて藤本さんの体を引きずり出した。だが119番がつながらず、藤本さんは軽トラックで病院へ運ばれた。  

19日に脚を手術する直前にも、藤本さんは電話で近所の女性に「私も頑張る。あなたも頑張って」と伝えた。

その後、容体が急変。21日、帰らぬ人となった。  

親戚の渡辺正文さん(61)によると、藤本さんは近くのゴルフ場でキャディーを長年務めた。地域の盛り上げ役で、手作りの梅干しを具材にしたおにぎりを近所に振る舞うなどしていた。  

“気配り上手なあねご”の死に、渡辺さんは「自分のことは後回し。周りの人を優先する優しい人だった」と肩を落とした。

(共同) 

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG