【熊本地震】絆強かった益城の夫婦、帰らぬ人に 友人の涙止まらず

熊本県益城町平田の西村正敏さん(88)、美知子さん(82)夫妻は仲が良く、近所でも穏やかでまじめな人柄として知られていた。

近所の住民によると、2人は米や麦、梨などをつくった。10年ほど前に正敏さんが病で体が思うようにならなくなるまでは、地区の夫婦らのグループで年に1回、2泊3日の旅行に出かけるのが楽しみだった。

今も美知子さんが自宅で食べる米をつくり、正敏さんの介護もしていたという。  

50年以上の付き合いがあった米満京子さん(78)は16日、避難先の公民館で西村さん夫妻が家に閉じ込められたと聞いた。

「何とか生きていてほしい」と祈った。

亡くなったという知らせに涙が止まらなかった。

「美知子さんは、思うように動けない正敏さんを残して逃げられなかったのかもしれない」。

米満さんは最後まで強かったであろう夫婦の絆を思った。 

朝日新聞

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG