【東日本大震災】元職員「働くことで供養に」 南相馬、来秋再開の施設

死者・行方不明者636人、関連死が485人(今年2月時点)の福島県南相馬市。福島第1原発事故に伴う避難指示も一部で続いている。

「働くことで供養になれば」。利用者36人が死亡し、女性職員1人が行方不明となった南相馬市原町区の介護老人保健施設「ヨッシーランド」の元職員、但野(ただの)仁美さん(59)は11日朝、更地となった跡地に花を手向けた。

来秋にも高台で再開するヨッシーランドで再び勤務するつもりだ。

施設は沿岸部から内陸約2キロにあった。但野さんらは、車椅子やベッドに乗せた利用者を駐車場に集め、毛布や上着を運んだ。「ドーン」。雷のような音で振り返ると、津波が海沿いの家を越えた。

利用者3人を車に乗せ、海岸から離れた病院に駆け込んだ。

震災の1年半前に勤め始めたヨッシーランドが介護の初仕事だった。アドバイスをくれたのが、行方不明の看護師、高橋英子さん(当時53歳)だった。

経験は違うが同い年。いつも優しく相談に乗ってくれた。高橋さんは海沿いの在宅利用者の様子を見に行き、津波に巻き込まれたらしい。

但野さんは震災9カ月後、病院の療養病棟で介護の仕事に就いた。母の介護や体力への不安があるが、できる限り働き続けようと思う。高橋さんや利用者への「ごめんね」と「ありがとう」の思いを胸に。

毎日新聞

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG