【阪神淡路大震災】震災慰霊行事、苦渋の中止 遺族、心で祈り続けて

激震は母親の命を奪った。近所の赤ちゃんや結婚前の女性の命をも。それでも、同じ地域で亡くなった人々の命の重みをかみしめながら、復興まちづくりにまい進してきた。

17日で阪神・淡路大震災から21年。今年は街の追悼行事が取りやめになる。でも、願う。それぞれが心の中で祈り続けてほしい、と。

神戸市灘区備後町4の上野貞冶(さだや)さん(86)の自宅は全壊。母すずゑさん=当時(86)、妻明子さん(78)とともに天井や土壁に埋まった。布団をかぶったまま身動きが取れず、胸が苦しかった。

やがて、隣の明子さんが助け出されて安堵(あんど)した。「私が駄目でも母をみてくれる」。その後、貞冶さんも助け出されたが、すずゑさんは息を引き取っていた。

遺体安置所では、何も食べず、眠らず、そばに座り続けた。だが四十九日が過ぎ、「自分は生まれ変わった。次は人のためになりたい」と心を決めた。

夫妻が住んでいたJR六甲道南地区周辺では135人が死亡。多くの家屋が全半壊し、再開発事業が進められた。貞冶さんは昼は仕事、夜は話し合いに奔走。2002年、自治会連合会長になった。

震災から10年。高層ビルが立ち並ぶ新たな街は完成した。防災公園のそばには慰霊碑を建立し、翌06年1月、初の慰霊祭を開いた。貞冶さんは「悲しみは胸の中にしまい、無我夢中で走り回ってきた」とあいさつした。

震災後に移り住んだ住民にも慰霊祭への参加を呼び掛けた。毎年豚汁を振る舞うため、約20人が未明から準備した。「『ご苦労さんです』としか言えなかったが、本当に感謝でいっぱいでした」

一方、参列者は年々減っていった。震災20年が過ぎ、自治会連合会のメンバーからも「もうそろそろ…」との声が漏れ始めた。貞冶さんは続けるつもりだったが、周辺地域でも追悼行事は開かれなくなった。

1月5日、自治会連合会の常任理事会。「この辺でやめた方がええと思いますか」。貞冶さんは切り出した。誰からか「続けよう」と声が上がるのを期待していたが、2人しかいなかった。

「ワンマンで進める団体やない。無理をしてまで『やれ』とは言われへん」。思いをのみ込み、「慰霊祭廃止の件」と書かれた紙を掲示板に張った。

予定のない1月17日は10年ぶり。貞冶さんは「慰霊碑に手を合わせに行くやろな」。

目をやった慰霊碑には、こう刻まれていた。

〈復興十年槌音(つちおと)止まず 鎮魂の祈り 未来へ伝う〉

神戸新聞

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG