トイレに妻の骨を遺棄する男

【とんでもない遺族の話】

東京都練馬区のスーパーのトイレに妻の遺骨を捨てたとして、警視庁石神井署は22日、同区の無職の夫(68)を死体遺棄容疑で書類送検した。

同署によると、「生前、苦労をかけられ、憎んでいた」などと容疑を認めている。  

送検容疑は、4月23日正午ごろ、同区東大泉のスーパーの男性用トイレの便器内に、妻の頭や顎の骨を捨てたとしている。

同署によると、夫は26日午前に同署に骨壺を持って出頭。壺の中にあった骨と、便器から見つかった骨を鑑定した結果、継ぎ目が完全に合致することなどが確認されたという。

夫は妻と2人暮らし。妻は同21日に64歳で病死し、23日に火葬されていた。 

産経ニュース

世の中恐ろしいこともあるものですね・・・

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG