【東日本大震災】貫いた家族への愛 2人の息子に重なる面影

■斎藤拓也さん=当時30=

いわき市平豊間  東日本大震災の前日、昨年3月10日は、いわき市平豊間の会社員斎藤拓也さんと妻利江さん(32)の結婚10年目の記念日だった。

当日は拓也さんの帰りが遅く、いつの間にか眠ってしまった利江さん。

「ケーキを買ってきたよ。今日こそ、お祝いしよう」。11日朝、拓也さんはそう言って会社に向かった。いつもの笑顔だった。

震災直後、会社を出て津波にのみ込まれた。1日だけ持ち越されたはずの記念日。祝える日は来なかった。

拓也さんは小名浜東小時代からサッカーに打ち込んできた。小名浜高を卒業し、いわき市小名浜で海運関係の仕事に就いてからは社会人チームに所属した。

どんなに疲れていても、練習には必ず出掛けていった。面倒見もよかった。「おめも行くか」と近所の子どもたちに声を掛け、一緒に公園でボールを蹴っていた。

22年夏、長男永遠(とわ)君(10)=豊間小5年=が所属する豊間サッカースポーツ少年団のコーチになった。「走ろう」「やってみよう」-。

高圧的な教え方ではなく、子どもの目線に立った指導をした。四家孝幸監督(57)は「団員の”兄貴”みたいな存在だった。優しさと厳しさを学び、指導者としてこれからというところだった」と惜しむ。

震災当日、最後に拓也さんの姿を見たのは職場の先輩だった。「子どもたちが心配。家に帰ります」。愛する家族の無事を確認しに行ったのだろうか。昨年3月下旬、自宅近くで遺体が見つかった。

教え子が拓也さんへの思いを記したユニホームは今も震災後の住まいに飾られている。「一生大好きです。サッカーがんばります」「楽しいサッカーを教えてくれてありがとうございました」

拓也さんの遺体発見の翌月、永遠君に続いて次男の久遠(くおん)君(7つ)=豊間小2年=も「サッカー選手になりたい」とスポ少に入団した。兄弟そろって懸命にボールを追い掛ける姿に、利江さんは夫の面影を重ねる。

父に憧れ、甘えていた子どもたち。2人は心の支柱を失った悲しみを乗り越え、たくましくなった。緊急地震速報に震える母を抱きしめ、こう言ってくれる。「大丈夫だよ。パパの分までママのこと守るから」

福島民報

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG