【東日本大震災】未来のなでしこ「お母さん」声残し波に

東日本大震災は、サッカー界の宝の命も奪っていた。

小山史織さん(17=大船渡高2年)は震災が発生した11日、岩手県陸前高田市の市民会館に避難中に津波にのまれ、帰らぬ人となっていた。

県選抜で「10番」もつけたことがある有望選手の死。

地元サッカー関係者にも大きなショックを与えたが、家族は史織さんの17年間の人生を振り返り、「よく頑張った」と話した。

サッカーを愛した史織さんの遺志を引き継ぐため、26、27日には奥州市で慈善試合が開催された。

史織さんは津波にのみ込まれながら、母悦子さん(48)の手をしっかり握っていた。

しかし、津波の力は想像以上だった。

「おかあさん…」。

ひと言を残し、史織さんは離れていった。

悦子さんは、泥流の中でもがき続けた。「史織なら絶対に生きている。私が死ぬわけにはいかない」。

気が付くと真っ黒な泥の海の中にいた。救助された悦子さんの姿は、NHKの映像で全国に流れた。

「娘と一緒に流されて、最後まで手をつないでいて。でも手を離してしまって。おかあさんって…」。

15日、史織さんは遺体で発見された。

史織さんは、小3でサッカーを始めた。

大好きな兄貴史さん(20)の影響だった。足が速く、男子に交じっても中心選手だった。体力差が出始める中学でも遜色ないプレーを見せた。部活と並行して女子チームのある奥州市の水沢ユナイテッドFCでもプレー。エースストライカーとして活躍した。

佐藤訓久監督(30)は「飛び抜けた存在で、ドリブルがうまくて点を取れるFW。日本代表の岡崎のようなタイプでした」と話す。大船渡高でも唯一の女子選手だった。

心配する悦子さんに「私より足が遅い男子もいるよ」と話すほどだったが、公式戦でプレーできないため、1年の夏で退部した。

国体県選抜チームには中3から選ばれた。「意地と努力と根性の子でした。文化祭でピアノを弾く時も、サッカーで疲れているのに一生懸命練習していた」と父浩幸さん(50)は振り返る。被災した日も図書館で勉強中だった。

小6の時、年代別県選抜チームの合宿で訪れたJヴィレッジ(福島県)で会った女子日本代表FW荒川恵理子からもらったサインが宝物だった。大船渡高の先輩で元日本代表MF小笠原満男のサインも大切にしていた。

「小笠原くんは、私がテレビで訴える姿を見て、史織のことを心配していたと知人から聞きました」(悦子さん)。

史織さんは、サッカーの指導者になり、女子チームが少ない岩手県沿岸地域で子どもたちにサッカーを教えるのが夢だった。

悦子さんは「最近は、虐待されている子どもたちを助けて癒やしてあげたいと言っていました」としみじみと話した。

前途は希望にあふれていた。浩幸さんは言った。「最高につらいけど、周りにはもっと大変な人がいっぱいいる。それに比べたら家族のもとに帰ってきただけでもよかったと思いたい。短い時間だったけど、史織は人の3~4倍頑張った人生だったと思います」。

陸前高田市の自宅は被災を免れ、電気も復旧した。

29日に行われる、小笠原も出場する震災の慈善試合「日本代表対Jリーグ選抜」も観戦するつもりでいる。

「最先端で活躍している選手が頑張っているのを見れば、被災者も元気になれると思う。元気をもらいたい」と浩幸さん。

史織さんの愛したサッカーには力がある。そう信じて、テレビに向かう。

日刊スポーツ

>葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀にまつわる「お問い合わせフォーム」

葬儀・仏事に関するエトセトラ...

疑問・質問・体験談・要望・苦しい胸の内・・・ 何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG