死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

おばちゃんの、おばちゃんによる、おばちゃんのための葬儀

【スポンサーリンク】

とんどもない会葬者?の話

 

都内某所にある大型集合住宅。

 

60代前半の女性、主婦たちの憩いの場の主が亡くなった。

 

ご主人を早くに亡くし、子供もいない独り身の寂しさを紛らわすためか、自らの部屋を住民たちの集いの場として開放した。

 

いつしかそこは、主婦たちの憩いの場となった。

 

大病を患ってからも、頑なに入院を拒み、自宅療養の傍ら、住民たちとの交流を欠かさなかった。

 

 

葬儀は行わず、関西に住む従姉妹が取り仕切っての直葬(火葬のみ)となった。

 

従姉妹が故人の部屋で遺体と共に数日間を過ごし、火葬当日自宅で納棺をして、火葬場まで運ぶ手はずとなっていた。

 

自宅納棺・出棺の場合は、手間がかかるため、通常二人でお伺いすることが多いのだが、生憎当社で抱えている葬儀が多い日だった。

 

立ち会いは従姉妹とその娘だけと聞いていた。

 

(一人で納棺&出棺か。。。誰か手伝ってくれる人がいればいいけど。。。)

 

そんなことを考えながら、エレベーターで5階まで上がり、部屋の扉を開けると。。。

 

「葬儀屋さん来たわよ~!」

 

居るわ、居るわ。。。

 

そこそこ広さのある部屋だったが、見知らぬおばちゃん達で寿司詰め状態!

 

ざっと20名超。

 

すげーな!!!

 

そこで初めて代表格のおばちゃんから、ここが【主婦の憩いの場】だったという話を聞いた。

 

短い時間だったが、憩いの部屋の常連達との良いお別れができた。

 

 

さていよいよ納棺となったところで、困った問題が。。。

 

玄関が狭すぎて、部屋の中で納棺してしまうと、棺を外に運び出すことができない。

 

そういう場合は、外の廊下に棺を置いておいて、遺体を抱えて外まで出し、廊下で納棺するしかない。

 

基本的に納棺は女性は手を出さないのが慣例(都内では薄れつつある風習だが。。。)だが、私の他に男手がない。

 

背に腹は代えられないとばかりに、女性群に頼んだのだが、正直なめていた。

 

おばちゃんパワー半端ない。

 

「大丈夫。みんな親の介護で慣れっこだから。□□さん、腰の下からグッと手をまわして、しっかり下から支えて!」

 

「こっちは大丈夫!頭の方にもう少し回って!」

 

「せーの!で行くわよ!△△さん、ドア開けといて!」

 

プロである私が完全に乗り遅れる始末。。。

 

はっきり言って、そこら辺の男なんかよりよっぽど手際も良いし、段取りも心得ている。

 

懸念していた納棺はあっさり終わったが、各自棺に入れたいものが沢山あるという。

 

ご近所の主婦が軒並み集まっている。この期に及んで人目だとか、近所迷惑なんてことを気にすることもあるまい。

 

もう開き直る。

 

マンションの廊下で賑やかなお別れ式の第二弾が始まった。

 

「えっ?何々??奥さん亡くなったの???」

 

騒ぎを聞きつけた主婦がひとり、またひとりと加わる。

 

「あら?何?奥さん亡くなったの???」

 

外出先から戻ってきた主婦が訪ねる?

 

「私もちょっと寄っていこうかしら?」

 

【ちょっと寄っていこうかしら?】って、スーパーのタイムセールじゃねー!!!

 

流石に廊下ではキャパオーバーだ。

 

仕方がないので、周りに声をかけて、棺を広いエレベーターホールに移動させる。

 

その後も人は増え続け、最終的に4ー50名くらいになっていた。

 

 

エレベーターに乗りたそうに、遠巻に眺める若いカップル。

 

「すいませんね。ご迷惑おかけして。今納棺中なもので!」

 

そう言い訳しながらカップルをエレベーターに乗せる。

 

カップルの男性

「えっ、あっ、全然大丈夫です。全然。。。」

 

無理やり笑顔を作る男性の顔が、エレベーターの扉が閉まる瞬間にひきつる。

 

いや、気持ちは分かるよ。

 

帰ってきたら、自宅のエレベーターホールが葬儀式場になってたら、そらそうなるわな。

 

エレベーターホールって基本そういう場所じゃないし。。。

 

 

無事納棺も終わり、棺を1階に下ろす。

 

 マンションの入り口で見送る者、自分の住む階の廊下から見送る者。。。

 

「○○さーん!今までありがとー!!!」

 

「良いとこ行くんだよー!!!」

 

大勢の声援に見送られて、霊柩車は静かにマンションを後にする。

 

 

葬儀は地域で出すもの。

 

欠かすことのできない人と人との繋がり。

 

古き良き日本の【人情】を感じることの出来る、素晴らしい死出の門出だった。

 

まぁ、こっちは相当恥ずかしかったけどね。。。

 

故人様に心よりの哀悼の意を示して。

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでください<m(__)m>

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo