読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

車のエンブレムは棺の中に入れられる?入れられない?-火葬の時の副葬品

【スポンサーリンク】

皆様からご質問をいただきました。

 

火葬の際に故人の旧愛車のエンブレムを副葬品として棺に納めたい。

 

車のエンブレムを生前本人が廃車時に外されてて、自分で持っておられて、 「自分が帰天するときに入れて欲しい」と言われていたけど それを副葬品として入れることは可能ですか? ちなみにメルセデスベンツです。

 

 

結論

優しい方ですね。是非とも思いを叶えて差し上げたい。

 

しかし、残念ながら車のエンブレムは棺に納めることはできません。

 

車好きにとってエンブレムはまさに宝です。

 

それだけにスリーポインテッドスター(ベンツのエンブレム)や、ザ・リーピング・ジャガージャガーのエンブレム)を棺に納めたいというご遺族は、希にいらっしゃいます。

 

しかし、金属ですので、当然燃えません。

 

しかも、あれほどの大きさになると、そのまま溶けて黒い金属の塊となって炉から出てきます。

 

遺骨を拾骨容器(骨壷)に収めるにあたり、どの火葬場でも必ず磁石で遺骨に混じった金属を取り除きます。

 

これは主に棺に使われている釘を除去するためですが、そこで確実にエンブレムも取り除かれ処分されます。

 

そして後日、かなりの確率で葬儀屋が火葬場から大目玉を喰らいます。

 

燃えない物を棺に入れる行為は、炉を痛める危険性が高まります。

 

また金属は骨に付着してその色を変色させる為、少しでも綺麗な形で遺骨を残してあげたいと一生懸命に炉の番をしてくれている火葬場スタッフの思いをも、図らずも踏みにじる結果になってしまうからです。

 

骨もエンブレムも綺麗な形を保てるよう、拾骨直後に骨壷の中に納めましょう。

 

もしご自身が拾骨までお付き合いできるのなら、ご自身の手で骨壷に入れて差し上げるも良し、時間的に無理であれば、葬儀屋の担当スタッフに託しましょう。

 

必ずあなたの代わりに骨壷に納めてくれます。

 

例え棺には直接お入れして差し上げられなくとも、あなた様の【故人の思いを叶えてあげたい】という優しいお気持ちは、しっかりと故人様に伝わりますよ。

 

故人様に心よりの哀悼の意を示してm(_ _)m