読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

葬儀で赤っ恥をかいた酔っぱらいのオッサン-とんでもない会葬者の話-

【スポンサーリンク】

とんでもない会葬者の話。

 

少しずつ暖かくなってきました。そろそろコートを手放す時期に入り、葬儀屋は少しホッとしています。

 

何せこのコートと言うのは、葬儀屋にとって、少々厄介な存在なんです。

 

 葬儀で赤っ恥をかいた酔っぱらいのオッサン-とんでもない会葬者の話-

 

ようやく暖かくなってきたと思ったら、夜は一気に冷え込んだ。

 

通夜に参列する一般の会葬者は、皆コートをしっかりと着込んでやってきた。

 

このコートが実に厄介だ。

 

クロークでもあれば良いのだが、残念ながらそんな気の利いたものを備えている斎場は、ごく僅かだ。

 

各自手に持ったまま行動して欲しいところだが、何せ会葬の邪魔になる。

 

何も置いておかないと、それはそれで不満が出る。

 

そんなこんなで大抵はハンガーラックを2.3個準備して、斎場の端に設置する。

 

ラックは置くが、管理は各自にお願いする。下手に触って、紛失・取り違い等の問題が起きては大変だ。

 

 コートの取り間違い 葬儀 多い

 

準備は整った。

 

定刻通りに式が始まる。

 

一般の会葬者はロビーのハンガーにコートを掛けた後、受付を済ませて、焼香の列へと並ぶ。

 

焼香が終われば、返礼品を受け取り、コートを取って通夜振る舞いの部屋へと進む流れだ。

 

一般会葬者の焼香が終わり、最後の女性がコートを取って通夜振る舞いの部屋へと消えて行く・・・はずだった。。。

 

ところが、酷くうろたえた表情の女性が、私の元に駆け寄ってくる。

 

「私のコートがないんです。」

 

見るとコートが一着ハンガーに残っている。

 

(また誰かが間違えて持って行ったか。。。)

 

色も形も似通っている。コートの取り間違え騒ぎは、葬儀屋あるあるだ。

 

「あちらに掛かっているコートは、ご自身の物ではないと言うことでしょうか?」

 

私が尋ねると、女性は怪訝な表情を浮かべながら答える。

 

「そうなんです。でも・・・あのコート、男性用なんです。」

 

えっ!?

 

どういうこと?

 

女性のコートなら分かるが、男性用って・・・

 

どういうこと?(二度目)

 

葬儀の失敗談

 

一般会葬者は誰も残っていない。

 

男性用のコートは単なる忘れ物で、この女性のコートの方は盗まれたのか?

 

あるいはどこかの男性が女性用のコートを間違って取って行ってしまったという事か?

 

イヤイヤ、いくら何でも女性用と男性用のコートを間違えるって・・・

 

無いな。

 

しかし、ここであれこれ考えていても始まらない。

 

取り敢えず大急ぎで、残された男性用のコートを引っさげ、精進落とし部屋へと向かう。そのまま帰られてしまってはそれこそ一大事だ。

 

コートを手に、賑やかな部屋の中を、女性と共に駆け回る。

 

「どなたかこちらのコートと間違えて、別の方のコートをお持ちになられた方はいらっしゃいませんか?こちらの女性がご自分のコートが見当たらないと仰られておりして。」

 

もう大分出来上がった男性が、ビール瓶片手にコートを覗き込む。

 

「兄ちゃん、それ男性物のコートだろ?コートを探してるのが女性って、おかしいだろ!?」

 

「そうなんですが、おそらく男性の方が、間違えて女性物のコートを持っていかれたかと。。。」

 

「そんなアホいるか!」

 

「それはそうなんですが、皆さま念の為、お手持ちのコートをご確認いただけませんか?」

 

「全く面倒くせーな!故人の思い出語りながら、楽しく飲んでんだから、水差すなよ!」

 

「申し訳ありません。」

 

「大体いくら色が似てるからって、男物と女物間違えるアホなんざぁ、いる訳ねぇんだよ!」

 

「あなた、そんなにアホアホ言わないの」

 

隣にいた奥様と思しき女性がたしなめる。

 

「アホはアホだろ。」

 

女性に悪態をつきながら、男性が隣にあった自分のコートを手に取る。

 

「良いか?これ見ろ!男と女のコートは全然違うんだよ。間違えるアホなんて、いる・・・・・・・・・・・・・・・あれ?・・・・・・・・・・・・・・・これ、俺のじゃない。。。」

 

「それ、私のです!」

 

コートを探していた女性がとっさに叫ぶ。

 

冬場の葬儀への参列

 

お前かー!

 

頭出せや!ジジィ!

 

テッカテカの頭に、寿司のワサビを擦り込んでやる!

 

葬儀で迷惑な会葬者

 

「おかしいな。」

 

しにりに首をかしげるジジィ。

 

「まぁ人でごった返してたから、間違えるのも無理ないな。」

 

挙げ句の果て、開き直りやがった!

 

テメェコラー!

 

アタマ出せや!ジジィ!

 

テッカテカの頭をレモン醤油まみれにしてやる!

 

失礼な会葬者

 

すると先ほどの奥様らしき女性がチクリ。

 

「ごった返してたからって、女性物と男性物のコートを間違えるアホなんていないわよ。あなた以外はね!」

 

そして、私にゆっくりと微笑む。

 

「申し訳御座いませんでした。主人には私からしっかり言っておきますので。」

 

場内爆笑!

 

当の本人を見ると、すっかり大人しくなって、バツが悪そうにビールをチビチビやっている。

 

「もしかしたら故人様が【私のことを忘れないでね】そんな思いから、いたずらしたのかも知れませんね。故人様の思惑通り、思い出深き通夜になりました。もう少しだけ皆様で故人様を偲びください。」

 

そう言って部屋を後にした。

 

悪いがジイさん、どうやらこの勝負、俺の勝ちだな!(意味不明)

 

いや〜それにしても

 

スッキリした!

 

本来ならテッカテカの頭に、熱々の線香ぶっ刺してやりたいところだが、ここはひとつ賢い奥様に免じて許してやるか笑

 

葬儀のトラブル

 

まぁ、誰にでも間違えはあるものですが、明日は我が身。

 

自分に限って!なんて思い込みに浸ってふんぞり返っていると、思わぬしっぺ返しを受けるもの。

 

何はともあれ参列時のお手回り品にはくれぐれもご注意ください。

 

 

故人様に心よりの哀悼の意を示して。。。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo