読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

私と喪主様と天国の奥様だけの小さな小さなヒ・ミ・ツ♥-とんでもない遺族の話-

【スポンサーリンク】

とんでもない遺族の話(という程のモノでもありませんが・・・)

 

3人だけの小さな小さな秘密の話。

 

http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/doburock/profile/

 

とある60代中盤の女性の葬儀。

 

子供はとっくに独立。定年退職後に、夫婦二人、水入らずで余生を楽しんでいた矢先の急死だった。

 

妻の生前、2人で出かけて撮った写真をアルバムにして残したい、そんな思いからお遊び程度だがPCも習い始めた。

 

「六十過ぎの手習いってやつですよ。」

 

喪主様(夫)は寂しそうに笑いながら、そう呟いた。

 

 

葬儀では妻(故人)との思い出の写真を沢山飾りたい。

残された夫の願い。

 

ドライアイスの交換で自宅を訪れると、ひとりPCに保存してある思い出の写真を印刷する喪主様の姿があった。

 

「あっ!違っ、間違った。あっ。。。」

 

覚えたての機械と格闘する喪主様。

 

PCとは無縁の生活をしてきた夫が、亡き妻の為にと、一生懸命に彼女との思い出と向き合う。

 

その寂しくも微笑ましい姿に、こちらの頬も緩む。

 

「あっ、ちがっ・・・あー!そうじゃないのよ・・・あっ・・・あっ・・・バカ!」

 

だいぶ苦戦している様子だ。

 

喪主様

「すいませんねぇ。中途半端に終わらすと、またやり方が分からなくなるもんで。あっ、また間違った!」

 

「お気になさらないでください。」

 

そう言いながら、プリンターから出てきた写真を手に取って見る。

 

道端に打ち捨てられたボロボロのソファーと、それをついばむ一羽のカラス。

 

素敵な思い出写真ですね。自然と心が温かくなる。

 

って、そんな訳あるかー!!!

 

「あっ!ごめんなさい。それ、ウチの裏に不法投棄されてた粗大ごみなんです。証拠写真をと思って。。。葬儀に飾る写真じゃないんです!」

 

だろうね!

 

亡き妻との思い出の写真

見るに見かねて声をかける。

 

「手伝いましょうか?」

 

「お願いします!」

 

喪主様即答。

 

「どうもこのパソコンってやつは、こっちがその気じゃなくても、ちょこっとキーに触れるだけで勝手に動いちゃうんですよね〜。まったくもって聞き分けがないと言うか、何と言うか・・・」

 

でしょうね!

 

それがパソコンですから!

 

遺品と格闘する喪主

 

ここで1曲。

 

◆【PCっつうのは♪(どぶろっくバージョン)】

PCっつ~のは~(ぴ~ぃ~しぃっつ~のは~)

 

あんたの思いとかどうでも良くって~

 

PCっつ~のは~(ぴ~ぃ~しぃっつ~のは~)

 

キーを押されりゃそう動く~

 

 

Ah~団塊世代は~ 自分が悪いと認めない~

 

ただ、相手が悪いと〜 口を尖らせ不貞腐れ〜

 

Yeah!イェーイ!いぇーい!遺影ー!・・・

 

シニア・シニア・シニア~

 

自分の考え、絶~対だ~

 

シニア・シニア・シニア~

 

日本を作った、俺た~ち~だ~

 

シニア・シニア・シニア~

 

昔は良かった、回顧録

 

シニア・シニア・シニア~

 

女は黙って着いて来~い

 

シニア・シニア・シニア

 

ゆとり世代をバカにする〜

 

どぶろっく

どぶろっく・どぶろっかーず[プロフィール] / TEICHIKU RECORDS

 

(いつもより多めにシニアを連呼しております) 

 

そんなこんなで、喪主さんが写真を指名 → 私が多少の加工とレイアウト → プリントアウト

 

完全にそんな流れになってしまったのでありました。

 

まぁ、ご喪家が喜んでくれれば、何でも良いんですけどね。

 

 

ちなみに告別式の日の会話が、ちょっとツボりました。

 

遺族・親族部屋に喪主様を訪ねると、扉の向こうから喪主様と故人のお姉様の話す声が。

 

お姉様

「あの写真すごく良いわね。以前妹からあなたがアルバム作るから、パソコン始めたって聞いた時は、今更何習ってるんだかって主人と話してたんだけど、とっても役に立ったわね。ありがとう。」

 

喪主様

「いや〜失敗だらけで、大分時間と手間食っちゃいましたけどね。ちょこっと葬儀屋さんにも手伝ってもらったんですが、何とか式までに自分の手で形に出来て良かったですよー。」

 

おい!

遺品のぷ写真をプリントアウト

思いの外、故人のお姉様に褒められて、引っ込みがつかなくなってしまったんでしょうね。

 

部屋から出て来た喪主様の目にうっすらと浮かぶ涙を見て、大半は私が作りました!なんて、誰にも言う気にはなれませんでした。(もちろんそうでなくても、言いませんが)

 

それは私と喪主様と、天国の奥様だけのヒミツということで。

 

お姉さまの会話と共に、私の胸にそっとしまっておきますね。

 

 

あっ!

 

さっそくブログで書いちゃった!!!笑

 

故人様に心よりの哀悼の意を捧げてm(_ _)m

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo