死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【閲覧注意】痛みを感じないことを苦にして自殺した若者は最期まで痛みを感じなかったのか?(先天性無痛無汗症)

【スポンサーリンク】

人口密集地で活動する納棺師にとって自殺の現場に呼ばれることは、決して珍しいことではありません。

 

ほとんどの場合、程度の差はあれ、良い状態の遺体などある訳がないのですが、慣れた納棺師ですら時には度肝を抜かれる状態の遺体があります。

 

【閲覧注意】痛みを感じないことを苦にして自殺した若者は最期まで痛みを感じなかったのか?(先天性無痛無汗症)

 

納棺の部署にいたときに体験した話です。

 

葬儀を担当する葬儀屋から「若い男性の自殺遺体の引き取りが発生したので、一緒に警察に遺体を引き取りに行って欲しい」との依頼がありました。

 

そこで早速指定された警察署へ向かいました。

 

到着してすぐにご遺体の安置された部屋へ通されましたが、部屋に入るとすぐに血液の充満した臭いがしました。「これは飛び降り自殺か?」と思い、取りあえず気合を入れて遺体が包まれていたシーツを剥ぎました。

 

初見で顔を見たところ、穏やかな表情だったのでほっとしたのも束の間。すぐになぜ私が呼ばれたのかがわかりました。

 

亡くなったその男性は、神経の異常か何かで、痛みを一切感じることができない病気だったそうで、そのことを苦に、鎌や鍬を使って首や手首を切って亡くなっていました。

 

死神の鎌

 

利き腕とは反対側の手首は、骨が見え、かろうじて皮膚でつながっているような状態でしたが、それでも死に切れなかったようで、もう片方の手首や首筋を何度も切りつけた様子で、首や手首がおおよそ人と思えないような角度で曲がっていました。

 

頭にも胸の辺りにも何度も刃物を突きつけた後があり、あまりの壮絶な状態に、さすがの私も言葉がありませんでした。

 

悲しいかな、自殺者に立ち会うこと自体は珍しくはないので、あまり引きずることはなかった私。

 

それでもあれから数年もたった今でも、処置のために持ち上げた手が、今にも引きちぎれそうになった時のひやっとした感触と、何ともいえない気味の悪さを忘れることはできません。

 

こっちは聞いているだけで痛くなりますがねぇ。。。

 

注射も歯医者も怖くない!夏の汗ジミも気にしない!

 

一見するとお得感がいっぱいのような病気ですが、本人にとっては辛かったんでしょうね。

 

「人と同じ」が一番ありがたい。そんなところではないでしょうか。

 

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo