読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

結婚は個人と個人でも構わないが、葬儀は家と家の問題-葬儀に見え隠れする家の格差-

【スポンサーリンク】

家(親)同士が決めた許嫁と結婚させられていた時代に比べれば、結婚に対する 自由度は格段に高くなりました。

 

しかし、結婚とはやはり家と家なんだと感じさせられるのもまた、冠婚葬祭なのかもしれません。

 

結婚は個人と個人でも構わないが、葬儀は家と家の問題-葬儀に見え隠れする家の格差-

 

数年間病気を患っていた兄が、若くして亡くなりました。

 

兄の葬儀で驚いた事がありました。

 

私の家側は伯母や従兄弟も葬儀に参列してくれて、一般的な香典料よりも大目に包んできてくれました。

 

親戚ですから、友人とは違うに決まっていますが、それにしても香典の額が大きかったのです。

 

私も葬儀に生花を出しましたし、香典と合わせるとかなりの金額を包みました。

 

それに比べ、お嫁さん側はお姉さん、お兄さん、おぼさんなどは友人と同じ位の額の香典料でした。

 

お姉さんなどはご夫婦で来ていたのに・・・です。

 

これは批判ではなくて、考え方の違いという事が言いたいのです。

 

お義姉さんもお義兄さんも、兄を見舞いに来る事は一度もありませんでした。

 

それも私の家側は伯母、従兄弟、私の娘達が見舞金を持って見舞いに来てくれたのに、お嫁さんサイドは誰も来ませんでした。

 

葬儀とは人間性が出るものだとつくづく感じました。 

 

感想・解説

家と家の格差や考え方がモロに現れてしまう場所、それが冠婚葬祭です。

 

特別な場だからこそ葬儀とはその人の人間性が出るものです。

 

特別な場だからこそ、葬儀とは人々の記憶に残るのです。

 

特別な場だからこそ、葬儀とは人を見られ場所なのです。

 

特別な場だからこそ、葬儀とは些細なことでも必要以上に大きく感じられるものです。

 

だからこそ葬儀での会葬は、心底相手を思いやる「お悔やみの心」を伴って、臨まなけらばならないのです。

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo