読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

葬儀代金節約・無宗教葬・・・葬儀にお坊さんを呼ばないという選択肢

【スポンサーリンク】

「みんなのお葬式体験談」

 

葬儀はその人の人となりを見られる場所ですが、葬儀屋は喪主を見ると遺族やさらには親族全体のレベルがわかります。

 

服装・僧侶の手配・・・考えなしの行き当たりばったりの葬儀は、どうやら親族に最悪の印象を与えてしまったようです。

 

葬儀代金節約・無宗教葬・・・葬儀にお坊さんを呼ばないという選択肢

 

交通事故で亡くなった叔父の葬式の様子です。

 

諸事情により通夜には参加できませんでしたが、叔父にお金を貸しているという人物が押しかけてきて、お金を返せと強く訴えて大変だったとのこと。

 

翌日の告別式は身内だけでの式。大おば様や叔父のいとこ、叔父の娘(私からみると従姉妹)等の親族と共に、私も参列しました。

 

この日、葬式とは思えない光景を目にしました。

 

喪主は叔父の娘たちでしたが、その子供(孫)は私服で来ていたことに驚きました。

 

このような場だと私服ではなく、せめて学校の制服、もしくは黒い服を着用するものだと思います。

 

恐らく子供はそのようなことは分からないので、親の考え方がおかしいのだと感じました。

 

その後式は始まったものの、肝心のお坊さんが来ず、疑問を感じているうちにお経もないまま出棺されました。

 

後で聞いたところ、葬式費用を安く上げるためにお坊さんを呼ばなかったとのことでしたが、現代はお経が録音されているテープ等があるので、何故それを希望しなかったのか理解することができません。

 

喪主以外、式場にいた方たちは「お経がない」ということでざわついていました。

 

私自身もさすがにお経がない式は初めてだったので唖然としていました。

 

通夜から葬式までバタバタでしたが、今まで参列してきた葬式とは全く違った式で、思い出すたびに今でもモヤモヤしています。

 

感想・解説

何とも不思議な葬儀でしたね。

 

服装などの最低限のマナーは心得る。

 

行き当たりばったりの葬儀をしない。

 

この二点は頭に入れておきたいところですね。

 

聖職者の参加しない葬儀

聖職者やそれに変わる者(創価学会儀典長など)を呼ばない葬儀は大きく分けてふたつ。

 

神道 神主 神葬祭

 

無宗教葬

音楽で送りで出す「音楽葬」など、最近は故人の趣味や生き様を反映させた無宗教葬が脚光を浴びてきています。

 

しかし、たいていの無宗教葬は何とも味気ない葬儀で終了してしまうことがほとんどです。

 

きちんとした葬儀にしたいならば自ら立てた明確なプランの元、葬儀屋と事前に綿密な打ち合わせを行なうなど、それなりの準備が必要です。

 

キリスト教 牧師 神父 葬儀

 

葬儀代の節約

私自身も過去に何度が遭遇したことがあります。

 

菩提寺があるにも関わらず、僧侶を呼ばなかった時など、親戚の不満が爆発し、なかなか大変な葬儀でした。

 

現在はアマゾンの格安僧侶派遣サービスなどもあります。

 

やはり僧侶を呼んだほうが、しっかりとした葬儀ができることは間違いありません。

 

いずれにせよ節約にしろ無宗教葬にしろ、よほど綿密な計画を立てていないと、本当に間延びした後味の悪い葬儀となってしまいます。

 

葬儀のやり直しはききません。後から後悔しないように、しっかりと考えて行動することが大切です。

 

アマゾンのお坊さん手配サービス↓