読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀屋バカ一代

葬儀屋のブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

通夜の晩は斎場に泊まらなければならないのか?

喪主・遺族の知っておきたい知識 みんなのお葬式体験談

【スポンサーリンク】

夜と通すと書いて通夜。

 

一昔前の通夜(自宅での葬儀が一般的)といえば、近しい人間が夜を徹してお線香をたむけ、故人の思い出を語らう。そんな光景が一般的でした。

 

葬儀が斎場で行われようになった今日においても、斎場に宿泊する遺族もいらっしゃいます。

 

それでは現在では一般的にどのような傾向にあり、実際に泊まる人と泊まらない人の割合はどうなっているのでしょう?

 

通夜の晩は斎場に泊まらなければならないのか?

 

私は昨年の11月に実父を癌で亡くしました。

 

私は一人っ子であり、親戚の強い要望で喪主に推薦され、引き受けました。

 

セレモニーホールで通夜と葬儀を行なったのですが、通夜の際に最低一人はセレモニーホールに泊まらなければいけないということを初めて知りました。

 

長年連れ添った母は泊まる気なんてサラサラなく、百年の恋も亡くなったらおしまいという非情な現実を受け止めました。母に対しては「気持ち的には泊まりたい・・・」という、本気でなくても気遣いの一言は欲しかったですね。

 

誰も泊まる気がない、嫌々泊まるというのでは亡くなった父がかわいそうです。私が好意的に泊まることにしました。

 

通夜が終わり、お清めの席で親戚が酒を飲むうちに「俺も泊まろうかな?」と言ってくれましたが、私は「家族いるんだから家でゆっくり休んでください」と答えました。

 

その後消灯して寝ようとしたところ、当たり前ですが館内全て真っ暗に・・・

 

ボンボリの水色の明かりだけがグルグルと天井を照らし、「親父ごめん、ちょっと無理っす」と言って電気を付けました。

 

その後、寝ようとしても寝つけず、TVを見る気にもなれず、ゆっくりゆっくりと時間が過ぎていったのを覚えています。

 

横になり、明日の葬儀の最後に私が話すことになる喪主挨拶の言葉を考えることにしました。

 

立派な挨拶をされる方、泣き出してしまう方など様々ですが、最高の形は何なのか?を考えていました。

 

この場に参列してくださった方、労力と時間を使っていただいた方たちに、どのように帰ってもらえば亡くなった父が喜ぶのかを最終的に考えました。

 

結果、葬儀とは悲しくて当然であり、涙は流すだけ流しているであろうということ。

 

葬儀が終われば皆それぞれが晴れやかな気持ちで元の生活に戻って欲しい、悲しみだけで葬儀を終わらせてはならない。

 

そう考えると言葉がどんどん浮かび上がってきたのです。

 

生前、にこにこしている穏やかな表情が印象的だった父。

 

きっと私の考え、実行した挨拶に納得の笑顔をしてくれていると思います。

 

感想・解説

素晴らしい心構えですね。

 

このブログでも何度も触れていますが、葬儀とは死者はもちろんですが、生きている人のためにこそ行うものです。

 

故人の死を受け入れ、決別し、しっかり前を向いて生きていくための儀式です。

 

自らはもちろん、参列者もそんな思いにさせていげたい!

 

そうした心構えを持つことは喪主として、喪家としてとても大切なことです。

 

喪主という立場

誰も止まらないなら私が泊まろう・・・

 

勘違いしがちですが、喪主は故人に次ぐ準主役的な立場ではありません。

 

葬儀を取り仕切る遺族代表であり、参列してくれるゲスト(会葬者)をもてなす、いわば運営委員長です。

 

ちなみに通夜振る舞いの席などでゆっくり酒を飲んでいる喪主を見かけますが、料理の席での喪主の役割は「お酌係」です。

 

非常に労力のいる宿泊を喪主が率先して行うのは、当たり前のことです。

 

また、親戚に強く勧められたから引き受けたというのもよろしくありません。

 

息子がある程度の年齢に達しているのなら、喪主となって親を送り出すのは子供の務めです。

 

親戚ではなく、お母様と話し合い、率先して引き受けるべきだったように思います。

 

喪主

 

通夜の晩は泊まるべきか?

夜と通すと書いて「通夜」

 

一昔前までは近し親族が一晩中線香を絶やさず、死者と共にするのが一般的でした。

 

死者を弔うひとつの手段としてだけではなく、そこには物理的な理由が存在します。

 

腐敗臭を消す

今と違って遺体を安置する冷蔵庫もドライアイスもない時代。

 

特に夏は腐敗が早く、かなりの臭が発生していことでしょう。

 

告別式に向け、こうした臭いを消し、また害虫などを寄せ付けないために、一晩中お線香がたかれていました。

 

不幸を知らせる

当たり前の話ですがこれほど電気が普及するまで、夜は真っ暗でした。

 

そんな時、夜通しロウソクの明かりが漏れている家があれば、それは「不幸」があったことを示しています。

 

周囲に不幸があったことを知らしめる目的があったと言われています。

 

通夜の晩のロウソク

 

通夜には泊まらなくても良い

言うまでもなく現在、上記のような理由は存在しません。

 

また、防火上の理由から、線香やロウソクの扱いに関して、様々な制限を設けている斎場も多くなりました。

 

私の感覚では首都圏の葬儀の場合、斎場に泊まらない喪家が圧倒的に過半数超えています。

 

投稿者さんの文章を読むと、場所によってはまだ斎場に泊まることを義務付けている斎場もあるようですが、そうした場所は稀でしょう。

 

突然亡くなって、尚且つ自宅に帰ることもできなかった・・・などの理由で斎場に泊まりたいという遺族もいるでしょうが、ご自身が必要性を感じなければ基本は泊まらなくても全く問題ありません。

 

もし、通夜の前に自宅に故人が1日でも帰ってくるのであれば、しっかりお別れをすることを心がけて過ごせば、後から通夜の晩に泊まらなかったことを後悔することもありません。

 

亡くなってただでさえバタバタで迎える通夜は、心身ともに多大な負担がかかるもの。

 

無理して泊まって告別式に体調を崩した・・・

 

そんな話はゴロゴロ転がっています。

 

故人に対する心遣いは大切ですが、遺族に多大な負担を強いることなど、故人は望んでいるでしょうか?

 

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo