死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【命の境界線】落石が車を直撃-助手席の娘は死亡・運転の母軽傷

【スポンサーリンク】

またひとつ信じられないほど運が悪かったとしか言い様のない事故で、若い命があの世へと連れ去られた。

他の不慮の事故同様、交通事故で死亡する人間は、そのほとんどが「運が悪かった」と言うしかない。

相手に責任があるにせよ、自分に責任があるにせよ、あと数分早く出発していれば・・・、あの時別の道を通っていれば・・・

しかし、失われた命が戻ることはない。

 

【命の境界線】落石が車を直撃-助手席の娘は死亡・運転の母軽傷

 

2016年4日午後3時55分ごろ、島根県邑南(おおなん)町戸河内の県道で、広島市安佐南区の会社員、栗原浩美さん(52)運転の軽乗用車に、高さ約30メートルの斜面から直径約1メートルの石が落下した。

助手席に乗っていた栗原さんの長女で、山口市の大学生、優奈さん(18)が全身を強く打ち、死亡。栗原さんも頭に軽傷を負った。

 

落石が車を直撃 18歳の女性死亡

 

現場付近の幅約500メートルは約20年前の県の調査で、落石危険箇所に指定されていたが、今回落石があった場所には落石防止ネットが張られていなかった。  

県は5日の現地調査で、斜面の高さ約30メートルにある木の根元で約1メートルのくぼみを発見。樹木が強風で揺れ、根元にあった石が落下したとみられる。

現場の5メートル西には落石防止ネットがあった。  

県は2001年度に現場周辺の斜面(幅約50メートル)で石3個を取り除き、落石防止ネットは不要と判断。他の場所はネット設置などの対応をしたという。

当時、県は斜面を高さ約40メートルまで調査したが、今回落下した石は確認できなかったとしている。県は「必要な対策はしていたが、事故を重く受け止めている。道路管理や点検などを徹底したい」としている。

 

毎日新聞

 

この日は現地の最大瞬間風速が24.2mと観測史上最大で、強風で煽られた木の根元にあった岩が不安定になり、転がり落ちたとされています。

 

しかし、何とも運が悪い・・・

 

その一言しか浮かんできません。

 

大学に進学し、新しい生活を楽しみ始めた矢先の出来事・・・

 

母と娘の間に引かれた命の境界線。

 

(何故私じゃなくて娘なの???)

 

残された母の気持ちを考えると胸が痛くなりますね。

 

故人の心よりのご冥福をお祈りして・・・

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo