死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【葬儀の変わった風習・しきたり】釘打ちの儀をしなかったばかりに、柩(棺桶)の蓋が飛んでった!?

【スポンサーリンク】

「みんなのお葬式体験談」変わったお葬式

ところであなたの地域は「釘打ちの儀」はしますか?

 

今回は柩(棺桶)の蓋に釘打ちをしなかったばかりに起こった珍?事件!

 

釘打ちの儀をしなかったばかりに、棺の蓋が飛んでった!?

 

友人から聞いた話です。

 

友人の祖母の葬儀での出来事です。友人の祖母の宗派により、棺に釘を打たないという宗派だったそうです。

 

葬儀の日、台風の接近により強風で、告別式後棺を運んでいるときに突風が吹き、なんとお官の蓋が開いてしまったそうです。

 

友人は思わず笑ってしまい、友人の父と あーあ、ばあさんよっぽどこの世に未練があるんだなぁと言って笑ってしまったそうです。本当に不謹慎です。

 

そして会場から火葬場へ向かい、霊柩車から棺を出した時にまた突風が吹き、また蓋が外れてしまったそうです。親族みな不謹慎ながら笑ってしまったそうです。

 

その後も何度か危ない目にあったそうで、 やはり台風が接近している時は釘を打つべきだねぇと親族同士話したそうです。

 

誠に不謹慎ですが、悲しいだけでなく、少し笑わせてしまうようなおばあさまの葬儀。

 

それも96歳まで生きた大往生ならではだと思います。

 

それにしても台風の接近中での葬儀は本当に大変だったと思います。おばあさまのご冥福を心よりお祈りいたします。 

 

感想・解説

大変な目にあわれましたね。。。

でもおっしゃるように年齢も年齢ですし、暗くなるよりよっぽど良かったのではないでしょうか。

 

ちなみに葬儀が始まる直前に突然大雨、一旦止んで、出棺前に大雨。

 

「よっぽどあっちに逝きたくないんだな~」

 

葬儀の場でこの手の会話はテッパンです!笑

 

長寿の葬儀はお祭り

良く言われることですが、ご長寿の方の葬儀は「よく頑張った!有難う!」の気持ちで故人を浄土に向けて盛大に送り出してあげる「門出のお祭り」です。

 

妙にかたくならず、必要以上に悲しい雰囲気を出さずに、自然に、時には笑顔で送り出してあげるのが本来のあり方でしょう。

 

釘打ちの儀

棺の蓋を釘で留める「釘打ちの儀」

 

  1. 蓋が取れないように(昔は人が担いで棺を移動させたため)
  2. 死者が出てこないように(怖いし、遺体は穢(けが)れていると考えられていたため)
  3. 故人と決別する。けじめを付けるため。

 

上記のような理由があると言われています。

 

現在最も重要視されているのは最後の3番。

 

自らの手で釘まで打つことで、死者と決別し、区切(釘)りを付けるため。三途の河原の石に見立てたこぶし大の石で釘を打ち込みます。

 

石とは漬物石に代表されるように、しっかりと重しをする役目があります。死者を鎮め、自らの心を鎮める為に石で打つとも言われています。

 

賽の河原の積石

 

釘打ちの儀の現状

宗派によってやる、やらないもありますが、最近は地域性によるとことが大きいように感じます。

 

東京近郊では99%やりません。

 

ごくたま~にものすごくこだわっているお寺さんがいて、やる場合もありますが、100件やって1-2件有るかないかのレベルでしょう。

 

風習としての釘打ちの儀は完全に廃れ、お寺さんのこだわりによって細々と残っているといったところでしょうか。

 

しかし、上記のような理由があるのですから、本当はやるべきだと思います。

 

全力で悲しませ、全力でけじめをつけさせてあげる。

 

釘打ちの儀の意味は?

 

しっかりと死者と決別し、前を向いて歩いて歩いていける力添えをしてあげることこそが、僧侶の重要な役目のひとつであり、葬儀屋の最も大きな使命だと思うんですよね。

 

葬儀がどんどん簡略化されていくのは、遺族や会葬者の負担が減って良い様ではありますが、その実あまりよろしいことではありません。

 

もちろんそれを率先して先導しているのは僧侶や葬儀屋なんですから、悲しい限りですが。。。

 

若者を中心に宗教離れが著しいと嘆いてばかりいないで、もっと他にやることがあるのではないかと常々思ってしまいます。

 

さて、未来の葬儀や如何に・・・?

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo