死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

仏のハンドサイン(手の印相)を彼岸寺が分かり易く解説

【スポンサーリンク】

仏様が結んでいる印。それぞれ深い意味があるのですが、知っている人は少数でしょう。

 

そんな印を分かり易く解説しているサイトを発見。これで仏像を見るのが楽しくなること間違いなし!

 

仏のハンドサイン(手の印相)を彼岸寺が分かり易く解説

 

 「瞑想してます!」(鎌倉の大仏)

 

最近Twitterを中心に「◯◯のハンドサイン」というのが流行っているようですね。

以前も「悪循環コラ」が話題になった時には流行りにのってみたので、今回もあやかってみようかなと思ったのですが... よく考えたら仏教界ではもっと古くからハンドサインが使われていた、ということに気づきました。

そう、仏像の印相(いんぞう)と呼ばれる手のジェスチャーですね。 そこで今回はいくつか有名な印相を眺めつつ、それを超訳してみたいと思います。

仏の手の印相

2014年9月 彼岸寺

 

東大寺毘盧遮那仏(奈良の大仏)

(Photo by  TANAKA Juuyoh (田中十洋))

 

ド級の大仏による

 

「こわくないよ~」「お話聞くよ~」

 

ってやっぱ、こえ~汗

 

もっと詳しく知りたい方はこちらから↓

www.higan.net

www.higan.net

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

 

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo