死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【弔電・参列の注意事項】「安らかにお眠り(永眠)ください」は間違い?-正しいお悔やみの言葉

【スポンサーリンク】

死者に向けられる「安らかにお眠りください」

会葬や弔電の常とう句(決まり文句)「安らかにご永眠されますことを、心よりお祈り申し上げます」

仏教において、こうした表現は厳密には正しくありません。

 

【弔電・参列の注意事項】「安らかにお眠り(永眠)ください」は間違い?-正しいお悔やみの言葉

 

葬儀で当たり前に使っているこれらの表現が、突然「正しくない」と言われて、

 

えっ!?

 

っとなっている人も多いでしょう笑

 

「安らかに眠る」は何故使用?

間違っている理由を語る前に、何故この言葉が定着したのか、その理由から見ていきましょう。

 

そもそもこうした表現が一般的に使われるようになった原因は、いくつか考えられそうです。

 

労い(ねぎらい)

釈迦は「生きることは苦しみだ」と説きました。

 

確かに多くの人にとって生きることは、数多の困難との闘いです。

 

特にの現代社会は、時間に追われ、仕事に追われ、生活に追われ・・・

 

何かと生き辛い時代です。

 

ようやくそうした世界から解放された故人に対して、「ゆっくり休んでください」と長年の労をねぎらいたくなる気持ちはよくわかります。

 

恐れ

古来の日本では死はケガレたモノとして受け止められていました。

 

人々はそのケガレを少しでも遠ざけることに腐心し、死者の霊が暴れないように、様々な儀式を慣例化させてきました。

 

以前下記の記事にも書きましたが、実際にその多くを現在の葬儀でも見ることが出来ます。

 

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

 

 陰陽師などが政府の重要な役職として存在していたことからも分かる様に、当時の人間の怨霊や悪霊などの霊に対する恐怖心は、幽霊を怖がる我々現代人の比ではありません。

 

「暴れて我々に災いが降りかかることのないように、お願いだから静かにしていてくださいm(__)m」

 

そんな切実な願いが「安らかに永眠してください」という言葉に繋がったのでしょう。

 

キリスト教の影響

古代エジプトの宗教観の影響を色濃く受けた啓典の宗教(ユダヤ教キリスト教イスラム教)では、人は死後、やがて訪れる最後の審判により、天国行きか地獄行きかを宣告されます。

 

天国組は永遠に続く幸せな生活を、地獄組は永遠に続く苦しみを決定付けられる訳ですが、死後から最後の審判までの間は長い眠りの期間となります。

 

こうした死後への概念から「安らかに眠ってください」という言葉に繋がる訳ですが、キリスト教の影響を非常に強く受けている日本でも、いつの間にかこうした死後の概念が定着してしまったのではないでしょうか。

 

上記のような複数の理由が重なり、次第に「眠る」という言葉が強く、深く根付いていったものと思われます。

 

安らかに眠るはキリスト教の考え方

(Photo by Marcin Wichary)

 

間違いの理由

それでは本題です。

 

どうして「安らかに眠ってください」は間違いなのでしょうか?

 

それは、一言でいってしまえば、

 

「死者は眠らないから」

 

に他なりません。

 

もう少し詳しく説明すると、死者は死後「浄土」に赴きます。

 

「浄土」と言えば極楽浄土が知名度、人気共に群を抜いていますが、要するに「仏の治めるあの世の世界」のことです。

 

◆主な浄土
  • 霊山浄土(りょうぜんじょうど)・・・お釈迦様の治める浄土 。
  • 極楽浄土・・・阿弥陀様の治める浄土。別名西方浄土(さいほうじょうど)。
  • 瑠璃光浄土(るりこうじょうど)・・・薬師如来の治める浄土。別名東宝浄土、東方浄瑠璃世界(とうほうじょうるりせかい)。
  • 密厳浄土(みつごんじょうど)・・・大日如来が治める浄土。別名密厳国、密厳仏国。

 

どの浄土に行こうとも、師匠や教え方が変わるだけで、やることは悟りを開く為の厳しい修行に他なりません。

 

浄土とは謂わば、先に悟りを開いた仏教界のレジェンド達から直接教えを請うことが出来る、

 

【超エリート仏養成センター】

 

なのです。

 

極楽仏教ジム・・・代表・阿弥陀如来

 

霊山仏道トレーニングセンター・・・センター長・釈迦如来

 

瑠璃光薬師道場・・・総師範・薬師如来

 

仏法鍛練「密厳会」・・・会長・大日如来

 

お悔やみの言葉

 

これ以上おふざけが過ぎると各所から怒られそうなのでこの辺でやめておきますが、簡単にいえばそんなイメージです。

 

浄土に赴いた死者達は、仏教界のトップに君臨する如来達と優れたコーチ陣の下、有り難い教えを授かり、日々悟りを開く為の鍛練に明け暮れる。

 

つまり生きることに苦しむ我々を救おうと、日夜努力してくれているのです。

 

ましてや相手は浄土へ入門したて新人です。

 

そんなピカピカの一年生に向かってVIP待遇は確実とばかりに、

 

「安らかにお眠りください」と言ってみたところで、

 

「おちおち眠ってなどおられんわー!!!」

 

と怒られてしまう?訳です。。。

 

よって、

 

「ご浄土よりお見守りください」や「ご浄土よりお導きください」と言った類の言葉が正解となる訳です。

 

結局何が正解なの?

故人との思い出があれば、それを短い文章でまとめるのが一番遺族の心に響きます。

 

○○様の突然の訃報に、ただただ驚いております/ただただ悲しみにくれております/ただただ悔しい思いでいっぱいです(など、素直な気持ちを冒頭に。)

 

~思い出~

 

お姿こそご一緒することかなわなくなりましたが、これからはあちらの世界からご遺族様や私たちを見守っくださいね。

 

こんな文章が好きですね。

 

もっとオーソドックスなスタイルなら、

 

○○様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
心から哀悼の意を捧げます。
遺された皆様方のお悲しみが、一日も早く癒えることを願って止みません。

 

あくまでも一例ですが、こんな感じではないでしょうか。

 

 

余談ですが先日、小さな孫娘が故人(祖母)にかけた言葉。

 

「おばあちゃん、あっちの世界に行っても私達のことを守ってね。」

 

こ、こやつ・・・

 

 お墓参り

 

で、出来る!!!

 

∑(`□´/)

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo