読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

我々にとって一体仏とは何であろうか?大切な人を失ったあなたへ。。。

【スポンサーリンク】

人は死後49日かけてあの世へ旅し、成仏、つまり「仏に成る」とされる。

 

祖父の葬儀で僧侶が「おじいちゃんは仏様になるんだよ」と言った。

 

実際私自身も「おじいちゃん、成仏してね。」と遺体に向かって何度となく言っていた。

 

しかし、我々にとって一体仏とは何なのであろうか?

 

仏様って何?-「困った時の仏頼み」とは言わない理由

 

とあるご住職に意地悪な質問をしたことがある。

 

「先生方がよく、仏になる、仏になるとこうおっしゃいますが、一体我々にとって仏とは何でしょうか?大願を成就するとか悟りを開くとか、そういった小難しいことは置いておいて、私のように頭の悪い人間にもわかるようにご説明いただけませんか?」と・・・

 

随分生意気な質問をしたものだが、住職はこう教えてくれた。

 

「困った時の神頼み」とは言う様に、困ったっ時に真っ先に助けてくださるのは、神様の役目なんだそうだ。

 

それでは仏とは一体なんぞや?と申しますに・・・

 

いつも一番近くで、じーっと見守ってくださる存在・・・

 

それが我々にとっての仏様という存在なんだとか。

 

 

 

優しい顔の御仏

 

我々生きている人間が、心のどこか、頭の片隅でいつも故人を思っているように、仏となった故人もまた、いつも一番近くで優しく、我々を見守ってくださることだろう。

 

残念ながらお姿こそご一緒することかなわなくなりましたが、故人様はいつも我々と共にある。

 

故人様の思い、故人様の存在を身近に感じながら、この世で残された一日一日を大切に過ごしていただきたい。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

 

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo