読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀屋バカ一代

葬儀屋のブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

「ワシは仏か?それとも・・・」遺族に話しかける会葬者

とんでもない会葬者の話

【スポンサーリンク】

とんでもない会葬者の話。

 

葬儀では親族焼香の後に一般会葬者の焼香となります。

 

通夜では焼香をした一般会葬者は遺族の前を通り、式場前方の扉から退場する場合が殆どです。

 

その際、喪主に話しかける会葬者がいます。

 

「ワシは仏か?それとも・・・」遺族に話しかける会葬者

 

お年を召された方などは、長々と話し込む場合もあり、遺族と葬儀屋にとっては困り種でもあります。

 

 

しかし、上には上がいました。

 

長年連れ添った奥様の葬儀で、喪主を務めるのは高齢のご主人。

 

式は何事もなく進み、一般焼香へ。

 

焼香を終えたとあるご老人。

 

喪主に近づき、

 

「はぁ~、なむあみだぶ、なむあみだぶ・・・」

 

両手を合わせて、ひとしきり拝み、深々と頭を下げながら退出。

 

それに続けと連れ合いの老人方も

 

「はぁ~、なんまいだ~なんまいだ~」

 

 

すると・・・

 

良くも悪くも「右へ倣へ」のお国柄。

 

この家の葬儀はそういうもんなんだ!

 

ってな空気に・・・

 

郷に入れば郷に従え!

 

とばかりに、喪主様の前に列を作り、

 

「はぁ~、なんまいだ~、なんまいだ~」

 

「あぁ○○さん、なむあみだぶ、なむあみだぶ~」

 

「この度はどうも、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

 

それぞれ思い思いに念仏を唱え、喪主様に手を合わせて退出していく始末。

 

喪主様もどうしていいか分からず、ただただ「はぁ~」って頭下げるから、相手も余計に

 

「はぁ~、なんまいだ~、なんまいだ~」

 

ってなっちゃって、収拾つかない状態に。

 

葬儀っていうより、

 

新種の新興宗教みたくなってんじゃん!!!

 

 

葬儀が終わった後に喪主様が一言

 

「わしゃ、仏か・・・? それとも、もうそろそろお迎え・・・」

 

僕「当分の間、人間です!」

 

逝かせね~よ!

 

じゃなかった・・・

 

言わせね~よ!!!

 

近々曾孫が生まれるんだから、まだまだ逝かれちゃ困るんですよ!

 

奥さんの分まで長生きしてもらわないと!!!

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo