死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

「自分で戒名をつけることは可能?」-そんな時はどうすれば良い?

【スポンサーリンク】

何かとお金のかかる葬儀。

 

だからこそそこには様々なトラブルが潜んでいます。 以前ブログに『終活読本ソナエ』の記事に対する意見を求められたので、ぶっちゃけたことろを書いてみたいと思います。

 

第三弾

「自分で戒名を付けたいが、そんなことは可能なのか?」

自分で戒名をつけることは可能?

 

◆トラブル3 「自分で戒名をつけたい…」×「師につけてもらうのが戒名」  

 

【本人の言い分】自分で戒名をつけようと思います。ゴルフが好きなので「芝球王者居士」。

 

寺の住職からは「何をふざけたことを言っているのか。駄目だ」という話でした。柔軟性がないように思います。あの世で私がゴルフ三昧の生活を送るのを邪魔しないでください。真面目に考えていたものを頭ごなしに否定されたので、こちらも気分が悪いです。(大阪市の男性)  

【寺の言い分】最後まで自分らしさを大切にしようとする終活ブームの存在もあってか、自分で戒名をつけたいと希望する人は増えているようです。しかし、俗名もそうですが、自分で自分の名前をつけることはできません。戒名は、死後に仏の弟子として歩んでいくときの名前で、「授戒」という儀式をすることによって与えられます。この儀式ができるのが僧侶なのです。また、戒名には使って良い文字と使ってはいけない文字があります。柔軟性がないと言われようが、僧侶として譲ってはいけない一線なのですから仕方ありません。一方で、自分や故人らしい戒名にするため、僧侶に希望を伝えることは可能です。寺との関係を密にすることが一番大切です。(東京都新宿区の僧侶) 

 

これはダメですね。

 

子供が自分の名前を自分で付けられない様に、名付けは先輩の仕事です。

 

新弟子は大人しく先輩に従うしかありません。

 

しかし、寺のコメントにもある通り、希望を伝えることは出来ます。

 

最近は生前に戒名を付けてしまう人も多くなっていますので、一度寺に出向いて、自らの人となりや、戒名の希望などをじっくり話しておくと良いでしょう。その上で希望するなら生前に戒名を付けてもらえば良いのです。

 

さらに最近では喪家の多様化するニーズに応えるべく、戒名の候補を数パターン用意してくれるお寺んも多くなりました。

 

選ぶ楽しみも増えますので、是非お寺さんに相談してみては如何ですか?