死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

何故?呼んでないのにお坊さん4人、請求額500万円!?

【スポンサーリンク】

何かとお金のかかる葬儀。

 

だからこそそこには様々なトラブルが潜んでいます。

以前ブログに『終活読本ソナエ』の記事に対する意見を求められたので、ぶっちゃけたことろを書いてみたいと思います。

 

第一弾

「お布施で500万円請求された!」

 

坊主丸儲け

 

えっ?

 

写真が下品すぎるって???

 

やだな~

 

イメージですよ、イメージ。

 

 ◆トラブル1 「500万円の請求は高過ぎだ…」×「気を使って僧侶を多く呼んだのでは?」  

 

【遺族の言い分】会社経営をしていた父の葬儀で、戒名料(布施)を500万円請求されました。

呼んでもいないのにお坊さんは4人も来ました。高過ぎませんか? 

亡くなって間もなくのことでドタバタしていて、納得がいかないものの言われた通りに払いました。

最近、戒名はもっと安くてもつけてもらえることを知り、後悔しています。(東京都渋谷区の男性)  

 

【寺の言い分】会社経営をされていたということで、葬儀が社葬の性格を持ったものとして行われたのかもしれません。  

会社も隆盛だったのではないでしょうか。寺の側も、隆盛を誇っている会社経営者の葬儀であるのなら「会社の状況に恥ずかしくない対応をしなくてはいけない」と判断した可能性があります。

いずれにしても、日頃からの寺と檀家(だんか)との関係が希薄になっていたため、お互いの認識にズレが生じてしまったと思われます。(東京都台東区の僧侶)

 

【葬儀社の言い分】寺、あるいは葬儀社とのコミュニケーションが取れていなかったケースだと思います。

会社を挙げた葬儀であれば、戒名料などは1千万円を超えるようなケースもまれにはあるのが実態です。

500万円だから高いと即座に決めつけられるものでもないです。(北関東の葬儀業者) 

 

はっきり言って、

 

取れるところから取る!

取れないところからも、取ろうとする!

 

これお布施の常識です。

 

呼んでもいないのにお坊さんが4人…請求額500万円!

 

頼んでもいないのに僧侶が4人も来て、500万円請求された!と言っていましが、そうではありません。

 

まずは金額ありきです。

 

お寺はお布施は500万円くらい取れる家だと踏んだのです。

 

その上で500万円も取っておいて坊さんは1人、或いは2人しか来なかった!と言われない為に、僧侶が4人来たのです。

 

僧侶の数に応じてお布施が上がるのではありません。

 

基本的にはお布施の額に応じて僧侶の数が変わるのです。

 

勿論非常に高いお布施を払っても、基本坊さんが1人しか来ないお寺もあれば、どんなに安くても2人(大抵は親子)で来るお寺もありますので、全てではありませんが、払ったお布施の額に応じて僧侶の数が決まると思っておきましょう。

 

 

次に菩提寺の宗派と、どれくらいの格式のお寺かを頭に入れておかねばなりません。

 

これは寺には寺格という位付けが存在し、宗派や寺格、更に言えば住職の人となり、祖先の前例、檀家の数などによって、基本相場は非常に大きく変わってくるからです。

 

非常に寺格の高いお寺では、そもそも基本プランが「数百万の坊主数人」というお寺もありますので、一概に4人で500万円が高いとは言えません。

 

ですが、先述した通り、「取れるところから取る」は基本です!

 

そのお寺のスタンダードを把握した上で、スタンダードからさらに値切るのか、今後の付き合いや寺との関係を考慮して、色を付けるのかを事前に熟慮しましょう。

 

直接寺とのやり取りが出来ないのであれば、葬儀屋の担当に頼みましょう。

 

その場合遠慮せずに自分の意向を伝えることは勿論ですが、親身になって交渉にあたってくれる葬儀屋を選ぶことも大切です。

 

お互いの認識にズレだの、コミュニケーションが取れていないだの言っていますが、要は事前に値段すら決めておかなかった喪家の責任です。

 

「時価の食材」は食べてしまってからとやかく言っても、後の祭りです。

 

 

最後のお寺の立場からも一言。

 

檀家離れや景気の減退などの影響もあって、確かに寺を維持していくのは、非常に大変な時代に突入しています。

 

特殊な建物である寺社仏閣は、維持するだけでも莫大な費用がかかるのも事実。

 

寺の仕事とは別に、本業や副業を持っているお坊さんも珍しくなくなりました。

 

皆さんが思うほど「坊主丸儲け」などという、甘い時代ではありません。

 

彼らもまた必死なのです。

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(__)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo