死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

「喉ちんこ」の正式名称は「口蓋垂(こうがいすい)」

【スポンサーリンク】

とんでもない遺族の話。

 

遺体が燃やされ、骨となる「火葬」

 

火葬の終わりと共に拾骨の用意が出来たことを告げるアナウンスが流れ、遺族・親族一同は控え室から「告別の間(収骨室)」へ。

 

火夫(火葬場の勤務員)の案内の元、粛々と「お骨上げ」が行われていく。

 

f:id:beauty-box:20150523192419j:plain

 

拾骨のハイライトのひとつ、喉仏の説明へ。

 

火夫

「こちらが喉仏でございます。骨の形が座した仏様の形に似ていることから、そう呼ばれております。」

 

それを聞いていた故人の孫二人(小学好低学年)

 

「兄ちゃん、喉ちんこのところの骨かな?」

 

「どうだろうな~?でも喉ちんこって骨あるのか?」

 

火夫

「喉仏はみんなにある骨だよ。でも喉ちんこの骨ではないんだけどね。」

 

喉ちんこってお父さんはあるでしょ?」

 

喪主(父)

「勿論あるよ。」

 

「じゃあお母さんは?」

 

「バカ!お母さんは女なんだから、ち○こなんてある訳ないじゃん!」

 

火夫

「いや、女性にもあるよ。」

 

 

「えっ?女も、ち○こってあるの!?」

 

もう喉仏、どっかいっちゃったよ・・・

 

自由だな~子供って。

 

拾骨中だけどね・・・苦笑

 

 

ちなみに後で調べたら喉ちんこの正式名称口は

 

口蓋垂(こうがいすい)

 

って言うらしいですね。

 

 

こうがいすい・・・

 

イマイチピンときませんね~

 

やっぱ喉ちんこ喉ちんこで!!!

 

※ちなみに遺骨における【喉仏】は、第二頚椎、つまり首の後ろにある背骨の部分の骨です。男性の声変わりに影響している、いわゆる「のどぼとけ」の骨ではありません。

 

 

あわせて読みたい

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo