読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀屋バカ一代

葬儀屋のブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

説得力ゼロ!あんたの説教は誰も聴かん!-とんでもない住職の話

とんでもない坊さんの話

【スポンサーリンク】

とんでもない坊さんの話。

 

基本的に仏式の通夜の場合、お寺さんは殆どの方が開式30分前、どんなに遅くとも15分前には斎場に入ります。

 

祭壇周りの確認や着替え、ご遺族との挨拶、そして僕たち葬儀社サイドの人間との打合せ等々、式前は結構バタバタです。

 

勿論大切な葬儀ですから、もっと早くに斎場入りする住職も、沢山います。

 

ところが今回のお坊さんは、30分を切っても姿が見えず。15分を過ぎても一向に現れる気配すら無し。

 

説得力ゼロ!あんたの説教は誰も聴かん!-とんでもない住職の話

 

焦る僕!

 

時間だけがジリジリと過ぎていく・・・

とうとう開式時間をオーバー。

葬儀に坊さんが遅れてくるなんて概念は、普通に生きてりゃ生まれるはずもなく、坊さん遅刻のアナウンスに、妙な空気が流れる会場・・・

 

するとそこに坊さん登場。

全く悪びれる様子もなく、坊さん専用の控え室に直行!

開口一番、「いやー参った参った。これじゃお茶も飲んでる暇も無いね。」

 

ってあんたのせいやろー!!!

 

  そんなこと言いながら、給仕係りの人が気を遣って持ってきたお茶を、実に美味しそうにゴクゴクゴクゴク。

 

茶飲んでる暇があったら、早く着替えてよ!!!

 

結局遅れた理由についての説明は一切せず。

何事もなかったかのように式は始まり、ガッツリお経をはしょられて、定時に終了。

 

坊さん退席前に参列者に一言。

「亡くなられたAさんには5年前まで檀家総代〔だんかそうだい〕として、大変よくやっていただきました」

※檀家総代・・・檀家の代表。東京都心部ではお寺との関係が希薄になってきている為、あまり聞かれなくなった。

しかしまだまだお寺との関わりの深い首都圏郊外では、檀家全てをまとめ上げ、お寺と対等に渡り合える力を持つ、檀家総代の存在意義は高い。

 

そんなにお世話になったのなら、葬儀に遅刻するなよ・・・

ってな満場一致の心のツッコミなどお構いなしで、さらに話を続ける坊さん。

「今日は時間が短すぎで、お唱えしたかったお経を全て、唱えることが出来ませんでした。」

 

何かあれもこれも唱えてやりたかったけど、時間が短すぎる!

みたいに聞こえるけど、一番の理由は、

 

あなたが遅れてきたことですからね!

 

ってなこれまた満場一致の心のツッコミを ものともせず、更に一言。

「ですので、明日の告別式は10分前開式とします。皆様遅れないように!」

 

 

「ご住職もね!」

 

たまらず突っ込む喪主様。

 

 

よくぞ言ってくれました!

参列者全員心の中で拍手喝采。

なぜか超不機嫌で帰られる住職。

 

子供か!?

 

翌朝、僕らはいつも通り告別式の1時間半くらい前からスタンバイ。

遺族や弔問客〔ちょうもんきゃく〕を出迎える準備をし、 皆様をお出迎え。

全ての予定を10分前倒しにして、ご住職が来るのを待つ。

 

通常告別式の場合もお坊さんの入り時間は、 開始式20分~30分前。

開式30分前、住職来ず。

まぁ、想定内。

開式20分前、住職の姿見えず。

まぁまぁ、想定内。

開式15分前、住職の姿未だ見えず。

いつもだったら焦るけど、昨日のことがあるから、 まだ想定内。

開式10分前、相変わらず住職の姿は無し。

流石に焦る僕。

開式5分前、結局住職の影も形も無し。

着替えや打ち合わせの時間を考えると、この時点で、開式時間が遅れる事はほぼ確定・・・

人間諦めが肝心と悟るオイラ。

開式時間。

住職マジでいねぇ!!!

 

結局それから15分ほどして、住職到着。

結局10分前倒しする前の、本来の開式時間にも間に合ってないじゃん・・・

ちなみに告別式は火葬の窯の時間が決まっている為、 延ばすことはできません。

またまたお経の一部カット決定!

 

車から降りてきた住職が一言。 「いや~申し訳ない。〇〇道がすんごい渋滞していて・・・」

それは分かるけどあの道は渋滞で有名な道なんだから、言い訳にならんよ!

 

着替えはせずに、このまま式を始めるというので、あわてて関係者を集めて外で5分ほど、打ち合わせ。

するとそこに、霊柩車の運転手到着。

告別式終了後に、斎場から火葬場にご遺体を搬送する運転手さん。

運転手「本日は宜しくお願いします。まだ斎場入りするのは早すぎると思ったんですが、〇〇道が全然混んでなかったんで、早く着きすぎちゃいまたよ~。いつもは激混みなんですけどね。」

 

〇〇道?

それって住職が大渋滞だったって、言い張ってたまさにあの道じゃん・・・

 

変な空気が流れる斎場前・・・

 

 

そんな中、住職がおもむろに一言。

「いやー、やはり嘘はつくものではありませんね。仏様はちゃ~んと見ておられる。だ

 

から結局ウソは、周りまわって自らの身を滅ぼす。そのことを身をもってあなた達に教えることができました! ウソはいけません!」

 

いや、ウソついてたの、

あんただし・・・

 

しかし、自ら招いたとはいえ、自分に降りかかる災難さえ、 説法の題材にしてしままうとは・・・

 

 

この坊さん、転んでもタダじゃ起きんな・・・

て思わず感心してしまった話。

 

ちなみに、参列していた檀家総代が

「遅れて来た分、お布施もきっちりカットしてもらいなよ!」

って本気で喪主さんに言っていたことについては、

 

諸手〔もろて〕を挙げて賛成!!!

 

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo