読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【職業病の恐怖】霊安室の向こうから・・・

【スポンサーリンク】

職業病の恐怖・・・葬儀屋と普通の人の感覚は違う!?

 

本日はかなり以前に建てられた、古~い斎場での葬儀でした。

何でも昔は病院だった建物を、一部改装して葬儀場にしたとの話。

 

【職業病の恐怖】霊安室の向こうから・・・

 

僕が一階の受付のセッティングを終えて、5階の斎場に 上がって行くと、葬儀の参列者が食べる料理を持ってきた 料理屋のおばちゃん達3人が、ヤバイ、ヤバイと言いながら 何やら井戸端会議中。

 

トラブル発生かと思い、割って入って何がそんなにヤバイのかと聞くと、この建物の2階がヤバイとのこと。

 

どうやら会場を間違えて、2階で降りてしまったらしいのですが、ヤバ過ぎてソッコーでエレベーターに乗り込んで、戻ってきたとのこと。

 

百聞は一見に如かず。 兎に角自分の目で確かめてきてくれと言うので、早速2階へ。

 

エレベーターを降りると、ひんやりとした薄暗い廊下が 続いていました。

 

長い廊下の奥に、赤く光る霊安室の文字が。

 

部屋はそれしかないようだったので、取り敢えず霊安室へ。

 

遺体を保存する大きな冷蔵庫が、暗がりで不気味な音を立てる 霊安室の真ん中に、白い布が被せられたご遺体が。

 

他のスタッフが病院からご遺体を搬送してきた為、僕はまだご遺体を見てはいなかったのですが、おそらくこちらが今日の葬儀の主役。

 

そこでオイラピンときた!

 

(はは~ん。さてはこのご遺体がヤバイんだな。 全く、普通の人は見ちゃダメよ、見ちゃ。好奇心が勝ったとは言え、お気の毒に・・・)なんて考えながら、手を合わせ、布をめくってみることに。

 

 「ゲゲッ!?」

 

夜の墓場の幽霊 width=

 

・・・と言いたいところですが(イヤ、言いたくは無いですが・・・)、いたって普通のご遺体です。

 

角度を変えてあれこれ見てみましたが、特に損傷が激しいわけでもなく、やはりいたって普通のご遺体。

 

とりあえず稼働している備え付けの冷蔵庫も、全部開けてみましたが、保存されているご遺体は、全部いたって普通のご遺体・・・

 

(はて?いったい何がヤバイんだろうか?)

 

置いてあった椅子に腰掛けながら、しばし考えを巡らしましたが、 結局どうにもこうにもわからんってことで、仕方がないので5階に戻ることに。

 

5階に戻るとおばさん達が、飛んできて、どうだった?って聞くもんで、 霊安室の遺体も、冷蔵庫のご遺体も調べたし、おまけに椅子に座って あれこれ考えてもみたが、何がヤバイのか全くわからなかった旨を 伝えると、おばちゃん達、口をあんぐり・・・

 

ダメだこりゃ( ̄□ ̄;) ・・・

 

って顔で去っていきました。

 

去り際に、 「ひんやりとして殆ど光も入らない廊下の先に、 霊安室って書かれた赤い電光掲示板!プラス白い布に包まれた遺体! おまけにこのオンボロの建物!感じろよ!!!」

 

って捨て台詞まではかれてしまいました。

 

そうか!!!

 

って気づいたときには時すでに遅し・・・

 

でもそれはオイラのせいなのか???

 

常に人の死と向き合い、四六時中遺体を扱っていると、 幽霊どうのこうのなんて考えは、とうの昔にどこかに行ってしまったし、霊安室=遺体を出す!ってのが本中の基本動作の ひとつの葬儀屋は、霊安室を見ると、取り敢えず入ってしまうんすよね。

 

慣れというか、職業病って恐ろしい・・・

 

って感じる今日この頃・・・

 

でもクドいようだけど、

 

オイラが悪いのか???

 

合わせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

sougi-soushiki.beauty-box.tokyo